1. ホーム
  2. FX用語集
  3. ≫外貨預金とは

外貨預金とは

外貨預金とは、日本円ではない、外国の通貨で預金を行うことを言います。1998年、外為法改正によって、個人投資家でも参加が可能となった外国為替取引の1つです。一般的に米ドル、豪ドル、ユーロ、ニュージーランドドル、イギリスポンド辺りが有名です。

 

銀行や信用金庫といった金融機関や、証券会社などで取扱いがされています。日本は現在重度な低金利時代となっているため、外国の高い利率を目的として行われる、資産運用の方法です。

 

スポンサーリンク
FX取引高世界第1位

外貨預金のメリット

現在日本は低金利時代となっています。このため、日本円のまま預金していても資産を増やすことは大変難しい状態です。そのため、日本よりも高い利率の外国の通貨を狙い、自分の資産を外国の通貨に変換することで、資産の増額を狙うことが出来ます。

 

外貨預金では、取引先である各金融機関において為替レートが設けられています。為替相場に手数料が加算された「為替レート」が毎日決定されます。このレートを参考に、外貨に変更したり、逆に日本円に戻したりすることで利益を得ることが出来ます。

 

各金融機関によって定められる為替レートには、手数料が含まれています。これは、日本円から外貨へと変える時も、円へと戻すときにも発生します。為替レートは日々変化しますので、こまめにチェックして利益を得られるようにしなければなりません。

 

外貨預金は、普段利用している銀行などで簡単に行うことが出来ます。資産運用を考えた際に、比較的リスクの少ない方法として、まず選択肢に入ってくるでしょう。外国為替に慣れるためにも、まず外貨預金を始めてみる、そんな選択肢もあるでしょう。

 

外貨預金とFXとの違い

外貨預金もFXも、どちらも外国の通貨を利用して取引を行うという点では同じです。ただし、外貨預金はあくまでも預金、FXは外貨の売買によって利益を生み出す方法となります。

 

大きな違いとしては、預金なのか、商品なのかということ、販売する業者が違うこと(外貨預金は各金融機関、FXはFX会社や証券会社など)、日々のレートの決定などが挙げられます。あくまでも預金である外貨預金に比べ、上手く運用すればFXは少ない資金でより多くの利益を生み出すことも夢ではありません。

 

外貨預金は各金融機関によって、1日に1度、レートが決定されます。ですから、預金をどのように動かしていくか、1日に1度チェックすれば良いわけです。逆に言うと、チャンスは1日に1度しかありません。

 

対してFXは、各業者によって変動の時間は変わってくるものの、ほぼリアルタイムでの取引となっています。24時間いつでも、自分の判断で売買の取引が可能です。その分チャンスも多くなりますが、それだけこまめにチェックをしなければいけない、ということにもなります。

 

外貨預金も、FXも、メリット、デメリットがあります。自分の持つ余裕資金を確認し、それに合った方法を選ぶことが大切です。

スポンサーリンク
はっちゅう君

お役に立てばシェアしてくださいね。

チャートの見やすさ&スマホ操作で選ぶならGMOクリック証券の「FXネオ」がベスト!

FX取引高が5年連続世界1
FXneo(FXネオ)
5
運営会社 GMOクリック証券株式会社
特徴 資産保有残高と取引量が世界一
スプレッド 0.3銭(USD/JPY)
サポート あり
スマホツール 使い易いツールが充実
FXneo(FXネオ)

GMOクリック証券のFXネオは、業界最狭のスプレッド(取引コストが低い)により、デイトレーダーからスイングトレーダーまで、幅広いユーザーに利用されている口座です。

また、iPhoneやAndroidでも使いやすい取引ツール「FXネオ」が使えるのが人気で、スマートフォンで取引する方には強い武器になるでしょう。

取引量と資産保有残高が世界第1位のFX口座。

今なら口座開設&取引で30,000円キャッシュバック

GMOクリック証券の口座開設でキャッシュバックを申込む

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。