1. ホーム
  2. FX用語集
  3. ≫為替差益とは

為替差益とは

為替差益とは、外国為替相場の変動により、取引上で生まれる利益のことを指します。またこれに対して、取引上で生まれる損失を為替差損といいます。外国為替取引を念頭においた商品では、こうした相場の変動を予想し、利益を生み出すように努力することとなります。

 

為替相場は日々、いや刻一刻と変動しています。ある国の通貨が、いつも一定の価値であり続けることはあり得ません。必ず価値が上がったり、下がったりを繰り返すことになります。

 

過去の相場の変動の流れから、こうした為替の動きを予想し、資産を運用することで為替差益、または為替差損が生じることとなるのです。

 

スポンサードリンク

円高、円安によって生まれる為替差益

外国為替を利用した取引において、相場の変動は非常に重要です。外貨と円との価値の変化で、利益が生まれることもあれば損失になってしまうこともあります。円高では円の価値が高く外国の通貨の価値が低くなります。そして、円安では円の価値が低くなり、外貨の通貨価値が高くなります。

 

仮に米ドルとの関係を考えた場合、まず1ドル=100円だったとます。そこから円安になると考えたら、100円で1ドルを買っておいて、1ドル=120円というように円安に動いた際に円に戻せば良いわけです。同じ1ドルで、今度は120円のお金が手に入ります。

 

こうして為替の相場変動を推移し、外国の通貨を売り買いしたり、外貨預金に変えたりすることで利益を得ることが出来ます。日本円で預金しているだけでは、通常の銀行の場合、定期で預金したって利率が0.0○パーセントというところがほとんどです。

 

為替差益を上手く利用することが出来れば、せっかくの自分の資金を効率よく増やすことが出来ます。商品によっては、個人の少ない資金でも利用可能ですので、試してみる価値はありますね。

 

ただし、必ず利益が出るわけではなく、損失となる可能性も十分考えられます。取引を行う際には、ギリギリの予算ではなく、必ず余裕資金で始めるようにしましょう。

 

FXでの為替差益

FXによって利益を出すためには、大きく分けて2つの方法があります。1つが外国との金利差を利用した「スワップポイント」で、もう1つが為替レートの変動によって利益を生み出す「為替差益」となります。

 

円安に動きそうなときは、外国の通貨を安く買い、そののち高く売ることで利益を生み出すことが出来ます。また、反対に円高になりそうだと判断した場合は、外貨を高く売ってそののち安く買うことになります。どちらでも為替差益によって利益が生じます。

 

こうして、利益を生み出すチャンスがいつでもあるのが為替差益による取引ですが、同時に損失を被る可能性も同じだけ存在します。円安に動くだろう、円高に動くだろうと予想した相場が、予想とは反対の動きをしてしまった場合、たちまちチャンスがピンチへと変化してしまいます。

 

相場の変動は、予想は出来ても誰にも分からないというのが現実です。ちょっとしたことで、予想とはかけ離れた動きを見せることもあり得ます。安易にチャンスと考え、大金を動かしてしまうと、取り返しのつかないケースになってしまうことも。注意しましょう。

お役に立てばシェアしてくださいね。

サラリーマンなどの副業投資家にはGMOクリック証券が使いやすくて便利です

外出先でもPCと同じ感覚でチャートが見れるGMOクリック証券の「FX DASH」は、副業でFX取引を行う方におすすめです。

FXneo_FXdash

  • PCツール以上にチャート分析しやすい!
  • 簡単操作でFX初心者でも直感的に扱える!
  • 口座のスワップ金利が高い&スプレッドも狭い!
  • 自宅でも外出先でも「全ての取引」はスマホアプリでOK

キャッシュバックキャンペーン中

GMOクリック証券「FX DASH」の詳細を見てみる

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。