1. ホーム
  2. 初心者向けコンテンツ
  3. 【体験談付】初心者が陥る失敗
  4. ≫【FX投資失敗談】ロスカットされるからストップロス注文入れなくても大丈夫?

【FX投資失敗談】ロスカットされるからストップロス注文入れなくても大丈夫?

「えっ…残高が赤字ってどういうこと?」

FXは元本保証ではありませんから、大事な自分のお金を少なからずリスクにさらすものです。儲かることもあれば、もちろん大きな損をしてしまうこともあります。

「でも入金した以上は絶対損しないし、業者による強制ロスカット制度もあるし大丈夫でしょ?じゃあ最悪残高ゼロだよね?」

ほとんどの場合はそうかもしれません。ただしそうではない場合があるということを、今回お話しておきたいと思います。とても重要なお話ですので、ぜひご覧ください。

【ロスカットがあるからFXは安全?】日頃からFXを甘くみていませんか?

レバレッジもそこまで高くないしストップロス注文だって入れています!の罠

またわたしの体験談で恐縮ですが、皆様がこういった経験を決してされないようにシェアさせていただきます。

FX初心者とは言えないくらいトレーダーとしての経験も積んだあの頃、使っていたFX業者が証拠金維持率100%を下回ると瞬時にロスカットを入れてくる業者でしたので、日頃から安心してその業者を使わせてもらっていました。

レバレッジ規制後でしたし国内業者使用でしたので、そこまでリスクは高くなかったですが、それでも常にフルレバレッジで勝負していました。

ストップロス注文を入れずに何度も痛い目にあったので、ストップロス注文は必ず入れていましたし、重要指標前にはトレードしないようにしていました。

勝てる勝てないは別として、自分の中で特にリスク管理は完璧のつもりでした。ですからまさかあんな目にあうなんて夢にも思っていませんでした。

突如起こった大きな出来事で相場が混乱、FXトレーダー達も混乱

ある大きな出来事が突如起こりました。それによって円が必要とされ大幅に円高となりました。相場も混乱しトレーダー達も混乱です。一気に円高にふれた時点でわたしは「これはチャンスだ!」とドル円のロングポジションを持ちました。しかも大量にです。

そこでなぜか「これ以上は下がるはずないや」と変な自信からストップロス注文を入れなかったのです。見ると良い具合に含み益がでており「やっぱりね」と顔のにやけが止まりません。今までクロス円のロングでひたすら勝ち続けたわたしでしたので、自信満々。

「やっぱりここからは円安期待だよね!」

そう、ここまでは良かったのです。リスク管理をしっかりしていたかはかなり疑問が残りますが、ストップロス注文を入れていなくても、ロスカットになるでしょなんて軽く考えていました。どうせ円安になるのだし、なんとかなると思っていたのでしょう。

するとメールの通知音がなりました。

「FX業者からだ、なんだろう?えっ…」

【ロスカットがあるからFXは安全?】ロスカットなんて悪夢と信じたかった日

強制ロスカットが間にあわなかったということが実際に起こった

さきほどのメールはFX業者からで、ロスカットが執行されたという内容のお知らせメールでした。

「ロスカットを執行って…どういうこと?」

ロスカットとはストップロス注文のことではなく、FX業者による強制決済のことを言います。FX業者が定めている証拠金維持率を下回った場合、顧客の資金を守るためにロスカットが強制的に執行されます。

わたしの使っていた業者は証拠金維持率100%を下回ると即ロスカットでしたがどう考えてもそこまで下落するとは信じられませんでした。

「これは何かの間違いだ!きっと!」

あわててアプリを開くと確かにポジションはもうなく、そこには見たこともない残高が…

「マ…マイナス???」

そう、まぎれもなくマイナスという事実が目の前にありました。相場が急変するとシステムがその急変についていけずにロスカットが間にあわず、マイナスとなることがあるのです。赤字で書かれたその数字はこちらを睨んでいるようにも見えました。

「これはきっと悪夢だ…そうに違いないわ。」

FXトレードでロスカットされた後の入金のお願いがきた

悪夢だと良かったのですが、夢は覚めませんでした。そして次々と現実を受け入れなくてはなりません。

業者からはマイナス分を入金するように説明も書かれていましたが、わからなかった部分もあったので、電話でも聞いてみるとやはり入金が必要とのことでした。電話対応してくれた業者の方はロスカットが間にあわなかったということから、申し訳なさそうでした。

ロスカットが間にあわないこともあるというのはFXをやっている方ならみなさまご存じかと思いますが「まさか本当に起こるはずなんてないわ」とお考えでしょう。ですが実際に起こりましたので、本当です。

当時すぐに入金できる余裕があったから良かったものの、これで余裕がなければアウトです。FXは余裕資金でやりましょうと言われるのはこのためでもあります。

そしてクイック入金すると、マイナスは消えて通常の残高になりました。その時は正直言いまして、FXって怖すぎると思ったのですが、まだわたしはあきらめることをしなかったのです。あきらめれば終わり、全てに負けてしまうと感じたからです。

それからは徹底的にリスク管理について考えるようになりました。

関連記事FXに潜む危険とは?初心者でもかんたんにリスク回避する方法

【ロスカットがあるからFXは安全?】何がいけなかったのかを考察そして反省する毎日

FXをするならどんな大事件が起こっても対処できるようにリスク管理を

あの日からリスク管理のことばかり考えていました。勝率や利益率、1トレードあたりのリスクなどです。あと一般的にはあまり触れられないのですが、自分の全財産いっぱいいっぱいをFX口座へ入金していたら、一体今頃どうなっていたかなども深く考えていました。

考えれば考えるほど何だかぞっとしました。今までのわたしのお金に対する甘さや適当なトレード内容に、我ながらあきれてしまっていました。

  • 回避することはできなかったのか?
  • なぜマイナスになってしまったのか?
  • リスク管理が甘すぎたのではないか?
  • 今後どうすれば良いのか?

「こんな類まれなる失敗を生かさない手はない!」

今回は大きな出来事からこういった大幅な急落がありました。おそらく1分ほどで、ものすごく急落したためロスカットが間にあわなかったのでしょう。

良く考えるとストップロス注文を入れていなかったり、常にフルレバレッジだったので決してリスク管理ができているとも言えなかったりでした。

今回の急落はポジションを持っている以上は回避することはできなかったでしょう。しかしある程度、軽傷ですませることはできたはずなのです。ストップロス注文を入れていれば、スリッページは避けられないにしても、マイナスになるほどではなかったかもしれません。

実際にポンド取引においては、2016年の英国の国民投票の際にものすごいスリッページを経験したことがあります。あの時はスプレッドも100pipsをゆうにこえていましたね。

特にFX初心者の方は自分の全財産をFX口座へつぎ込まないで!

しつこいかもしれませんが、FXは余裕資金でおこなってください。大切な大切なことなのでもう一度書きました。例えば100万円の財産があったとして、100万円をFX口座へ入金してしまうことは避けたほうが良いです。

「滅多にそんなことが起こらないから大丈夫でしょ?」と思わないでいただきたいのです。万が一、ロスカットが間にあわなく口座残高がマイナスになったらどうしますか?全財産を入れてしまっていたら、マイナス分を返済できないことになります。

全財産のせめて半分程度までなら入金してもいいかもしれませんが、こういったことが実際におこるのだということを頭に入れておいてください。幸いわたしは全財産を入れていなくて助かりました。

頻繁にこんなことが起こるとも限らないですが、もし全財産を入れていてこんなことが起こったら、その時点でFX業者に対して「借金」をおう形となります。全財産がなくなってしまうということに加えて負債まで発生するのです。

色々なリスク回避方法がありますが、自分の財産のリスクにさらす割合を小さくしておくのが、ベストではないでしょうか。もちろんリスクにさらす資金も、もちろんしっかりリスク管理をしておく必要があります。

関連記事スワップポイントを得ていく上で初心者が注意すべきこと4つ

【ロスカットがあるからFXは安全?】FX初心者の方はまず自分の資金を守ることが優先

FXで少しでも早く儲けたい気持ちはわかりますが…

FX初心者の方だけではなく長年FXをやっておられて負け越しているという方は特に「早く儲けたい」という気持ちがあると思います。守るよりも攻めばかり考えてしまうのは、わたしも以前そうでしたからよくわかります。

今回の体験談ではまさにそうですよね。儲けたいからストップロス注文も入れず、フルレバレッジで勝負していたわけです。これではうまくいくはずがありません。

華々しく億トレーダーまで登りつめる方もいますが、一時的には稼げる時があっても攻めばかりでは、やはりいつか損をしてしまうのです。

派手にフルレバレッジで「億なんて余裕で稼ぎました」というトレーダーが、1年後も生き残っているという確率は思ったよりも低いのです。生き残るトレーダーは意外と地味です。

ネット上で成績を公開していたり手法を公開しているトレーダーさんを見ると、その方が本物の敏腕トレーダーなのかそれとも一時的な勝ちを重ねただけのトレーダーなのかわかります。

FXで儲けたいなら失敗談を参考にまず守りから!

やはりみなさん望んでいることは「継続して安定して稼ぐこと」ですよね。わたしの無茶なトレード失敗談を読んで、FXって怖いと思われたかもしれませんが、投資投機にはリスクはつきものです。だからこそリターンが見込めます。

わたしはフルレバレッジでストップロス注文を入れていなかったところに、偶然にも大きな出来事が発生し相場が混乱したという条件が重なって、残高がマイナスになったということなのです。

全く損したくない方は定期預金のほうが良いかもしれません。FXではある程度のリスクをとっていく必要がありますが、そのリスクも軽くしていく方法はあります。

まず利益がでたら出金することをおすすめしています。FXは複利でやっていくと本当にすごい儲けとなりますが、現実的には建玉数の関係上から個人トレーダーはそこまで多くのポジションを持てないですし、金額的にメンタルが弱ってしまうトレーダーもいます。

同じ10pipsの損でも、1万通貨の10pipsと1000万通貨の10pipsではモニター上の金額が違いますので、ものすごく損をしてしまった気になってしまうのです。そうするとトレードルールが守れなくなる方もいます。

100万円が1000万円になったとして、今回の体験談のような出来事があれば900万円の利益だけではなく元金の100万円すら水の泡となります。それをこまめに出金していれば残高の関係で建玉数は大きくできませんがリスクは小さくなってメンタル的に安定します。

ある程度利益が出せるという方へのおすすめは1~2か月に一度10万円なら10万円、100万円なら100万円といったキリの良い数字まで一旦出金して、またトレードをしていくというものです。

まだ利益が出ないという方はぜひ、1トレードあたりのリスクを口座残高の1%まで、できれば0.5%程度に抑えてトレードをしてみてください。稼ぐためのリスク管理以外のお話は当サイトのスイングトレードやデイトレードのお話をご参考にどうぞ!

お役に立てばシェアしてくださいね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。