1. ホーム
  2. 初心者向けコンテンツ
  3. ≫レバレッジの功罪を検証!初心者におすすめの運用方法とは?

レバレッジの功罪を検証!初心者におすすめの運用方法とは?

FXの最大の魅力とも言えるレバレッジですが、正しい運用ができているでしょうか。少資金で大きなリターンを得ることができる反面、損失した場合は大きなリスクを伴います。

適切な取引ができていないと思わぬ落とし穴にはまり、強制ロスカットなどの苦い体験をすることもあるかも知れません。

この記事では、レバレッジの特徴やメリット・デメリットを理解して頂き、その上でどのように資金を運用していくのが良いかをお伝えしていきます。

レバレッジについて正しい知識を知りたい人は是非参考にしてみてください。

 

\管理人のメイン口座はGMOクリック証券/

レバレッジとは?

fx_%e3%83%ac%e3%83%90%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b8_001

レバレッジは英語で「Leverage」、てこの力を意味しています。ここから解釈が広がり、借入資本利用のような意味で使われることもあります。

FXではこのレバレッジを使い、少ない証拠金(必要証拠金)を預けることでこの何倍もの金額で取引をすることが可能となります。

たとえば4万円の必要証拠金を預けて100万円分の取引をすることもできるのです。このときのレバレッジは、口座残高が5万円であれば100万円÷5万円で20倍ということになります。

このレバレッジの魅力に加えてオンライン取引の手軽さがマッチして、FXは非常に多くの人たちの支持を集めることになったのです。

レバレッジのような取引手法が可能になった理由は、FXの独特の決済方法にあります。通常の商品売買のように金銭をやり取りをするのではなく、取引によって発生した差額分のみを決済しているのです。これは「差金決済」と呼ばれるものです。

1万ドルを100万円(1ドル100円換算)で買ったとしても、実際には100万円を払うわけではなく証拠金だけを預けます。

その後1ドル120円になった時にドルを売ると120万円になりますが、この時も120万円が支払われるわけではなく差額の20万円と証拠金を受け取ることになるのです。

このように、実際の取引金額をやり取りせず差額のみを決済する方法を「差金決済」と言います。

FXはこの決済方法により、ハイリスクハイリターンの取引を可能にしています。

 

レバレッジのメリットとデメリット

fx_%e3%83%ac%e3%83%90%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b8_002

レバレッジの仕組みを聞くと、FXの取引が非常に魅力的に思えるかもしれません。しかし、良いことばかりではなく適切な運用方法を理解していないと思わぬリスクに直面する可能性も秘めています。

メリットとデメリットを把握し、賢い運用ができるようにしていきましょう。

 

メリット

メリットは先述した通り、少額資金でも大きな取引ができるところにあります。日本国内の口座では25倍までですが、海外口座では1000倍という超ハイレバレッジのものもあり、ハイリターンを狙う投資家の人気を集めています。

少額の資金で大きな取引ができるということは、すなわち大きな利益を得られるということでもあります。

また、レバレッジを大きくかけることで証拠金が少なくなりますので、ロスカット率も下がりにくくなることもメリットの一つと言えるでしょう。

 

デメリット

ハイレバレッジゆえのデメリットも当然あります。高倍率で利益を得られる一方で損失も高倍率に被ることを忘れてはなりません。ここの認識が低い人は大きな損失を負い、FX市場からの撤退を余儀なくされるでしょう。

大きな収益を得られる裏側には、大きな取引リスクも潜んでいることを理解しておかねばなりません。

特にハイレバレッジで大きな利益を得てしまうと、負けても負けても取り返せるとハイレバレッジでの取引を続けてしまいがちです。気付いた時には強制ロスカットになり、資金を大きく失ってしまうということも十分にあり得ます。

ハイリターンを得ることは、ハイリスクを負うことでもあることを認識しておかなければなりません。ここのリスク管理ができていないとFXの世界で生き残っていくことは難しいでしょう。

 

レバレッジと必要証拠金の計算方法

fx_%e3%83%ac%e3%83%90%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b8_003

レバレッジが何倍になっているか必要証拠金がいくら必要かは、リスク管理の観点から常に注意を払っておくことに越したことはありません。計算方法も簡単なので知っておきましょう。

 

レバレッジ

レバレッジの計算式は【取引数量×通貨レート÷口座資金=レバレッジ】となります。

たとえば、「米ドル:1万通貨」「通貨レート:1ドル100円」「口座資金:10万円」という取引をすると、10000×100÷100000=10となり、レバレッジ10倍となります。

 

必要証拠金

必要証拠金の計算式は【取引数量×通貨レート÷レバレッジ=必要証拠金】となります。

「米ドル:1万通貨」「通貨レート:1ドル100円」「レバレッジ:25倍」の取引であれば、10000×100÷25=40000となり、必要証拠金は40000円となります。

上記のようなクロス円以外で取引する場合の計算式もご紹介しておきます。この場合は通貨レートを「ベース通貨」のレートにします。たとえばユーロ/ドルであれば、ユーロ/円のレートをここに適用しましょう。

「ユーロ/ドル:1万通貨」「通貨レート:1ユーロ110円」「レバレッジ:25倍」の取引であれば、10000×110÷25=44000となり、必要証拠金は44000円となります。

極端な言い方をすると、ユーロ/ドルのレートがいくらであろうとも、ユーロ/円のレートを抑えておけば計算が可能になるのです。

続いてFX初心者にオススメのレバレッジ活用法を紹介します。

 

初心者におすすめの低レバレッジ運用方法

fx_%e3%83%ac%e3%83%90%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b8_004

FX初心者は最初から高レバレッジでの取引はお勧めできません。まずは低レバレッジでリスクヘッジをしつつ、FX取引に慣れていくのが良いでしょう。ここでは、スイングトレードなど、いくつか初心者にもお勧めできる低レバレッジでの運用方法をご紹介していきます。

 

低レバレッジのスイングトレード

スイングトレードは1日~2週間程度の期間で1回の取引を行う、短中期のトレードを指します。デイトレードなどのように細かいpipsを狙うのではなく、100~300pipsくらいの利益を狙いに行きます。

落ち着いてトレードできることと、低レバレッジであってもある程度の利益を見込めることから初心者にはおすすめできる取引手法と言えるでしょう。

 

数十万円以上の口座資金をレバレッジ5倍以下で運用

10万円以下の少額資金で20倍以上の高レバレッジの取引を重ねると、損失が重なった場合に強制ロスカットとなる可能性が高くなります。

このようなリスクの高いトレードをするよりも、ある程度余裕のある資金を5倍以下の低レバレッジで運用することをお勧めします。

50万円の口座資金で2万ドル(1ドル100円換算)の取引をしても、レバレッジは4倍に収まります。レバレッジ4倍とは言っても、100pipsの勝ちで1万円の利益ですから、トレードを重ねていけば大きな利益も見込めるでしょう。

投資資金に余力がある人は、この低レバレッジの手法を使いローリスクで利益を積み上げていくことから始めましょう。こうして徐々にレベルアップを図っていくのが上達への近道です。

 

まとめ

ここまで、レバレッジの特徴や初心者におすすめの運用方法をご紹介してきました。

レバレッジを効かせることがFX最大の魅力とは言え、その裏に潜むリスクもご理解いただけたことでしょう。また、初心者にも運用しやすいリスクの少ない低レバレッジでのトレード方法があることも伝わったかと思います。

FXはリスク管理がとても大事な投資方法ですので、まずは低レバレッジでの運用からステップアップして行くようにしましょう。

お役に立てばシェアしてくださいね。

初めて口座を作る方や今より使いやすい口座口座を探しているあなたに紹介できる口座は次の5つのFX業者です。

【人気口座厳選】スマホでも使えるFX口座Best5
  1. GMOクリック証券
    (初めてでも使いやすく、テクニカルツールも充実)
  2. DMM FX
    (総合評価が高く、知名度も高いため、初心者でも安心)
  3. YJFX!
    (スマホでの操作性に定評あり!)
  4. ヒロセ通商
    (通貨ペアが多く、機能も充実しており、中級者にも人気)
  5. 外為ジャパンFX
    (取引単位が少なく、リスクを抑えて取引したい人に人気)

 

【第1位】GMOクリック証券

『GMOクリック証券』はスプレッドが狭く、取引コストの低さは業界屈指のFX業者です。

それにスワップ金利が高いのも大きな魅力です。

チャートツールや発注画面の操作性、スマートフォンの利便性も良く、投資情報も充実しているので、初心者からFX上級者まで幅広い投資家から人気のFXネオは総合評価が最も高い口座です。

人気No. 1に相応しいFX業者と言えます。

GMOクリック証券の公式サイトを見る

 

【第2位】DMM FX

DMM.com証券「DMM FX」

DMM FXは取引通信簿やテクニカルツール「プレミアムチャート」など、とても使い勝手がいいツールが揃っており、スマートフォンアプリの操作性も抜群。

これらの機能は、FX初心者にも使い勝手が良く、「FXを始める時に最初に作る口座」として選ばれています。

そのため、GMOクリック証券と同時申込を行う方が増えてきており、現在60万口座を超えました。

LINEでの問い合わせができる点も初心者に嬉しいサービスです。

DMM FXの詳細はこちら

 

【第3位】YJFX!

YJFX

YJFX!の外貨exの特徴は、何と言ってもスマホアプリの使いやすさです。

FX初心者から上級者まで満足度が高いアプリ・ツールがあり、さすがYahooJAPAN!と言えます。

『YJFX!アカデミー』やレポート・セミナーも充実しており、初心者も安心して利用出来る口座と言えます。

YJFX!の公式サイトを見る

 

【第4位】ヒロセ通商

ヒロセ通商「LION FX」

取引コストである「スプレッド」が狭く、取引時の約定率が高いことで有名な人気口座ヒロセ通商のLION FXは、近年人気が出てきたサービスです。

また、トレードバトルなど様々なイベントが企画されていて、FXを「稼ぐ投資」だけではなく、「楽しむ投資」の意味合いが強い口座となっています。

注文機能や取引ツールの使いやすさも良く、デメリットが少ないサービスと言えるでしょう。

ヒロセ通商の公式サイトを見る

 

【第5位】外為ジャパンFX

外為ジャパンの評判は

DMM FXと同様、外為ジャパンはDMM.com証券のFXサービスです。DMM FXとの違いはいくつかありますが、最大の違いは「取引単位」です。

DMM FXが1万通貨に対し、外為ジャパンは1,000通貨。取引単位が少ないことは、初心者でも取引しやすいと言えます。

また、専用のアプリではなくネットサービスで取引できるため、場所を選ばずに取引できるのも魅力の1つです。

外為ジャパンの公式サイトを見る

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。