1. ホーム
  2. 初心者向けコンテンツ
  3. ≫FXは10円からでもできる?初心者におすすめの少額運用法

FXは10円からでもできる?初心者におすすめの少額運用法

FXはレバレッジが効くため、少額でも大きな金額の取引ができるのがメリットだと言われています。

ただ、少額と言っても数十万円単位くらいからの取引が主流で、お小遣いのような資金で運用することは厳しい現状がありました。

しかし、最近はかなりの少額でも取引ができるFX会社が増えてきており、何と1通貨単位でも取引可能なところも出てきました。

このように益々参入のハードルが下がっているFXですが、この記事では少額トレードのメリットとデメリット、おすすめの運用方法などをご紹介していきます。

少額でのFXトレードを検討している人は是非参考にしてみてください。

 

\サラリーマン副業投資には自動売買がオススメ/
インヴァスト証券「トライオートFX」
※1,000通過対応&利用料無料

少額取引のメリットとデメリット

fx_%e5%b0%91%e9%a1%8d_001

まずは、FXで少額取引をする上でのメリットとデメリットをご紹介します。少額トレードの特徴を知って、適切な取引をするための備えをしておきましょう。

 

メリット

最大のメリットは取引コストの少なさにあります。取引する通貨単位が少ないですので、開始資金を低く抑えることができます。

1通貨単で取引できる口座では、極端に言うと十円からの取引も可能になります。お小遣い感覚で気軽にFXに参加できるのです。

そして、取引コストが少ないので当然損失も少なくなります。相場が大きく動いたとしても損失は少なく抑えられるでしょう。

低レバレッジでの運用になることが多いので、強制ロスカットにあうこともまずないでしょう。

実戦経験を気軽に積める点も大きなメリットと言えます。デモトレードも注文方法を覚えたり、エントリーのタイミングをつかむ練習にはなるのですが、やはりリアルマネーでの実践には劣ります。

少額取引であればリスクを最小限に抑えながらも、リアルマネーを通したトレードが可能になります。実戦での緊張感をお手軽に経験できるのは貴重です。

また、新しいトレード手法や通貨ペアに挑戦したくなった時も、気軽に挑めます。異なる内容の取引をするときは、チャートの捉え方やエントリーのタイミングなども全く別モノになりますので、実戦で低いリスクでチャレンジできるのは大きなメリットになるでしょう。

 

デメリット

ここまで読んでお気づきの通り、リターンが少ないのが最大のデメリットです。取引する金額が少なければ、利益となる金額が少ないのも当然のことでこれは避けられません。少額トレードは、ローリスクローリターンなのです。

スワップポイント狙いのトレードは、あまり現実的とは言えないでしょう。スワップポイントが非常に高い南アフリカランドでも、1万通貨単位のトレードで1日150円です。

これを仮に100通貨単で運用すると、1日1円50銭となってしまいます。額が小さすぎて、メリットはさすがに感じられませんよね。ただ、手法を変えた上手い運用方法もありますので、それは後述とします。

さらに、FX会社は基本的に1万通貨単位から取引可能となっているところが多く、この場合だと必要証拠金などの関係上、10万円は最低でも必要になってきます。

1000通貨単位から可能な会社は増えてきましたが、1通貨単位だとかなり絞られてきます。FX業者はある程度選定されてしまっていることは、覚えておいた方が良いでしょう。

少額トレード可能なFX会社については後述します。

総じて利益の少ないのが少額取引ですが、初心者が最初の実践を積んでいけることを考えると、これらのデメリットを補って余りあるメリットがあると言えます。

 

少額取引ができるおすすめ口座

fx_%e5%b0%91%e9%a1%8d_002

先述の通り、少額取引ができるFX会社は残念ながら限られています。1万通貨単位でのトレードがメインとなっているため、これは仕方のないことです。ただ、そんな限られた中でもおすすめめできる口座は存在します。

ここでは、「取引手数料なし」「米ドル/円スプレッドの狭さ」「初回入金額の安さ」の3点を重視しておすすめ口座をご紹介していきます。

 

SBI FXトレード

おすすめできる最大のポイントは1通貨単位から取引可能であることです。しかも、1通貨単位でも取引手数料が無料というところも魅力的です。

1000通貨単位だと取引手数料が発生する業者も多く存在するのですが、SBI FXトレードは1通貨単位から無料です。

そして、米ドル/円のスプレッドが業界最低水準の0.27銭という驚きの低さです。米ドル/円の取引であれば、手数料もスプレッドもまず気にする必要はないでしょう。

さらには、初回入金額に制限がありません。つまり10円から始めても問題ないのです。

さすがに10円では緊張感はないかも知れませんが、それほど気軽に始められるということです。少額取引をする上で、これ以上ピッタリな口座はないかも知れません。

 

リンクSBI FXトレードの公式サイトはこちら

 

マネーパートナーズ

こちらは100通貨単位からのトレードが可能となります。こちらも全ての通貨単位において、取引手数料は無料となっています。

米ドル/円のスプレッドは業界でも低い水準の0.3銭となっており、米ドル/円から始めるケースが多い初心者にとってはありがたい設定でしょう。

また、こちらも初回入金額に制限がなく、100円からでもトレードができます。はっきり言って小学生でもできるような、敷居の低さなのです。

マネーパートナーズは、システムの堅牢性に評価が高く約定力にも定評があります。安心して取引ができるFX会社と言えるでしょう。

 

リンクマネーパートナーズの公式サイトはこちら

 

少額取引でもできるおすすめ運用方法

fx_%e5%b0%91%e9%a1%8d_003

「少額取引のメリットとデメリット」でもお伝えしたように、このトレード方法はローリスクローリターンとなります。いずれにしても利益は少なくなってしまいますので、堅実な運用をすることをおすすめします。

また、スワップ金利を生かしながらローリスクであることを最大限活かしたトレードをしましょう。

 

実践力をつける演習と位置付ける

いきなり万単位のお金を取引するのはメンタル的に厳しい人も少なくありません。そのような人にはこの少額トレードは打ってつけで、実戦での緊張感を味わいつつメンタルを鍛錬することもできます。

まずは自分が無理なく取引できる金額から始めて、徐々に金額を上げていけば良いでしょう。ローリスクで実践力をつけていくことができますので、少額取引は積極的に活用すべきです。

 

外貨定期購入とスワップ金利の複利運用

スワップ金利を狙える外貨を複利運用し、且つ定期的に買い増しをしながら運用する方法です。

たとえば1000通貨単位でランド円のスワップポイントを狙い、さらにそのスワップ益をランド円の購入に充てます。さらにランド円を定期的に購入し、これをコツコツと買い増していきます。

直近安値やさらにその安値を下回った時に買い増しをすれば、平均取得価格を抑えることができ、さらに利益を伸ばしていくことができます。

この方法なら少額取引であっても、長期的に運用することで安定した利益を得ることができるでしょう。

 

まとめ

ここまで、少額取引のメリット・デメリットや運用方法などをお伝えしてきました。

FXが10万単位でないと取引できないと考えている人は意外に多く、このような少額取引の存在を知らない人はまだまだ多いようです。

少額トレードが可能な口座も多くあり、10円からでも可能なことを知って驚かれた人も多いのではないでしょうか。

少額でのトレードはメリットも多く、賢い運用方法もありますので実践力を養う場にされるのも良いかも知れません。

気軽に始めることができる小額投資ですので、FXを始めるきっかけにされてみてはいかがでしょうか。

インヴァスト証券「トライオートFX」

お役に立てばシェアしてくださいね。

初めてFX口座を作る方や今より使いやすい口座を探している方におすすめの口座は次の5つです。

【人気口座厳選】スマホでも使えるFX口座Best5
  1. DMM FX
    (使いやすさ・スワップ・スプレッドなど、私が求めているものが全てトップクラス)
  2. GMOクリック証券
    (DMM並みの口座ですが、使いやすさの点で2位。テクニカルツールは充実)
  3. YJFX!
    (スマホでの操作性に定評あり!)
  4. ヒロセ通商
    (通貨ペアが多く、機能も充実しており、中級者にも人気)
  5. 外為ジャパンFX
    (取引単位が少なく、リスクを抑えて取引したい人に人気)

 

【第1位】DMM FX

DMM.com証券「DMM FX」

1位は文句なしのDMMFXです。

「やっぱりか!」って声が聞こえてきそうですが、もうデメリットを指摘する箇所があまりないため、総合評価が1位となっています。

10年以上FX取引を行ってきた私の個人的な感想ですが、

  • スプレッドの狭さ
  • スワップ金利
  • ツールの充実度・使いやすさ
  • サポート
  • ニュースなどの情報量
  • スマートフォンでの操作性
  • LINEでのお問い合わせ機能

などがあり、総合評価が高い口座です。

DMMFXは「初心者向けの口座」と思われていて、初めての方が最初に作る口座と推奨されていますが、私のメイン口座はいまだにDMMFXです。

\約3分で申し込み完了/

DMM FXの口座開設はこちら

 

【第2位】GMOクリック証券

個人的にはローラさんより新垣結衣さんを推したいところですが、GMOクリック証券さんは僅差で2位にしました。

DMMさん同様、スプレッドが業界屈指の狭さ(コストが安い)で、さらにスワップ金利も高めに設定されていることから、デイトレ〜スイングトレード〜長期保有まで幅広いユーザーに使われています。

チャートツールや発注画面の操作性、スマートフォンの利便性も良く、投資情報も充実しているので、初心者からFX上級者まで幅広い投資家から人気のFXネオは総合評価が最も高い口座です。

かなり個人的な意見ですが、ツールの使いやすさの点でDMMさんの次のランクインとしました。

両方口座を作って、使い比べてみるのがいいですよ。

GMOクリック証券の口座開設はこちら

 

【第3位】YJFX!

YJFX

YJFX!の外貨exの特徴は、何と言ってもスマホアプリの使いやすさです。

FX初心者から上級者まで満足度が高いアプリ・ツールがあり、さすがYahooJAPAN!と言えます。

『YJFX!アカデミー』やレポート・セミナーも充実しており、初心者も安心して利用出来る口座と言えます。

YJFX!の公式サイトを見る

 

【第4位】ヒロセ通商

ヒロセ通商「LION FX」

取引コストである「スプレッド」が狭く、取引時の約定率が高いことで有名な人気口座ヒロセ通商のLION FXは、近年人気が出てきたサービスです。

また、トレードバトルなど様々なイベントが企画されていて、FXを「稼ぐ投資」だけではなく、「楽しむ投資」の意味合いが強い口座となっています。

注文機能や取引ツールの使いやすさも良く、デメリットが少ないサービスと言えるでしょう。

ヒロセ通商の公式サイトを見る

 

【第5位】外為ジャパンFX

外為ジャパンの評判は

DMM FXと同様、外為ジャパンはDMM.com証券のFXサービスです。DMM FXとの違いはいくつかありますが、最大の違いは「取引単位」です。

DMM FXが1万通貨に対し、外為ジャパンは1,000通貨。取引単位が少ないことは、初心者でも取引しやすいと言えます。

また、専用のアプリではなくネットサービスで取引できるため、場所を選ばずに取引できるのも魅力の1つです。

外為ジャパンの公式サイトを見る

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。