1. ホーム
  2. 初心者向けコンテンツ
  3. ≫FX初心者が夏休みの取引を避けるべきたった1つの理由!オフシーズンのリスクとは?

FX初心者が夏休みの取引を避けるべきたった1つの理由!オフシーズンのリスクとは?

「24時間いつでも取引ができるFXはサラリーマンが副業で取引する投資としては最強!」とお考えの方が多いと思います。確かに、世界のどこかでは為替取引所が開いていますので、インターネットが接続されている環境なら、リアルタイムで取引は可能です。

しかし、「いつでも取引できる!」と「いつでも勝てる!」は全く別物。

外為取引所がオープンであったとしても、取引を見合わせるタイミングというものがあるのです。今日の記事は、「取引してはいけないタイミング」について紹介します

\管理人のメイン口座はGMOクリック証券/

これだけは外したい!市場における閑散期とは?

閑散期のリスク

外為取引所が開いている時は確かに取引できますが、かといっていつでも市場参加者が為替取引を行っているかどうかは別物です。サラリーマンでも長期休暇があるように、投資を生業としているトレーダーにも長期休暇があります。

為替の価格決定に大きな影響を及ぼす取引を行うトレーダーや機関投資家は、そのほとんどが外国の機関投資家と言われています。彼ら外国の機関投資家(特にアメリカのトレーダー)は長期休暇を取ることに積極的です。

  • サマーバケーション
  • クリスマスホリデー
  • ニューイヤーホリデー

また、外国のトレーダーほどのインパクトはありませんが、日本の機関投資家による運用も市場には大きな影響を与えます。そして彼らも同様に長期休暇を取ります。

  • ゴールデンウィーク
  • シルバーウィーク
  • お盆休み
  • 年末年始

上記のような期間は、一般的に「外為取引の閑散期」と言われています。閑散期でも、誰かは取引している訳だから、市場参加者が少なくなっても問題ないでしょ。普通どおりFX取引しても問題ないよね。

このような意見をお持ちの方もおられますが、実は違います。閑散期に取引すると大きな損失を被ることがあります。

閑散期に損失するリスク

閑散期のリスク

トレーダーが市場取引に参加していない閑散期は、取引する人が少ないので全体の取引量が通常よりも少なくなります。取引量が少なくなると、為替の価格提示(売値と買値)の幅が広くなるので、価格の変動が大きくなる傾向にあります。

例えば、市場に参加しているトレーダーが1万人いて、米ドルを買いたい方が5千人、米ドルを売りたい方が5千人いる場合の価格は、米ドルの取引値は1万人の意志がある程度反映されるので価格は平均化されます。

しかし、市場に参加しているトレーダーが10人で、買いたい人と売りたい人がそれぞれ5人しかいない場合、取引値は10人のトレーダーの意志が大きく反映されるので、価格が動きやすい状態となるのです。

このように、価格の変動が大きくなるという事は、値動きが激しいという事になります。FX初心者にとって値動きが激しいマーケットには参加すべきではありません。その理由は、

  • 瞬時の価格変動に対応できないから
  • 価格変動の理由が特定できないから
  • 激しい値動きの時は、注文が受け付けられない場合があるから
  • ネット回線の不具合により注文できなければ命取りになるから

他にもたくさんありますが、初心者が値動きが激しいタイミングに市場参加するメリットはほぼ皆無です。もちろん、このような激しい値動きのタイミングで大勝ちすることは可能ですが、それはラッキーパンチであり、確率はとても低いです。

それよりも、市場が落ち着いている時期に、正しい投資戦略のも冷静な取引を行う方が、FXで勝つ確率は高いのは明らかです。

多くのトレーダーが安いんでいるタイミングは、あなたも取引を休むタイミングです。FX取引は売買するだけが投資ではありません。市場の動きを分析し、次の発注に向け戦略を練ることも立派な投資です。

 

FXの基本は、勝つ確率が高いタイミングで勝つ!です。

 

無謀な取引を控えると、おのずと勝率は上がっていきます。

お役に立てばシェアしてくださいね。

初めて口座を作る方や今より使いやすい口座口座を探しているあなたに紹介できる口座は次の5つのFX業者です。

【人気口座厳選】スマホでも使えるFX口座Best5
  1. GMOクリック証券
    (初めてでも使いやすく、テクニカルツールも充実)
  2. DMM FX
    (総合評価が高く、知名度も高いため、初心者でも安心)
  3. YJFX!
    (スマホでの操作性に定評あり!)
  4. ヒロセ通商
    (通貨ペアが多く、機能も充実しており、中級者にも人気)
  5. 外為ジャパンFX
    (取引単位が少なく、リスクを抑えて取引したい人に人気)

 

【第1位】GMOクリック証券

『GMOクリック証券』はスプレッドが狭く、取引コストの低さは業界屈指のFX業者です。

それにスワップ金利が高いのも大きな魅力です。

チャートツールや発注画面の操作性、スマートフォンの利便性も良く、投資情報も充実しているので、初心者からFX上級者まで幅広い投資家から人気のFXネオは総合評価が最も高い口座です。

人気No. 1に相応しいFX業者と言えます。

GMOクリック証券の公式サイトを見る

 

【第2位】DMM FX

DMM.com証券「DMM FX」

DMM FXは取引通信簿やテクニカルツール「プレミアムチャート」など、とても使い勝手がいいツールが揃っており、スマートフォンアプリの操作性も抜群。

これらの機能は、FX初心者にも使い勝手が良く、「FXを始める時に最初に作る口座」として選ばれています。

そのため、GMOクリック証券と同時申込を行う方が増えてきており、現在60万口座を超えました。

LINEでの問い合わせができる点も初心者に嬉しいサービスです。

DMM FXの詳細はこちら

 

【第3位】YJFX!

YJFX

YJFX!の外貨exの特徴は、何と言ってもスマホアプリの使いやすさです。

FX初心者から上級者まで満足度が高いアプリ・ツールがあり、さすがYahooJAPAN!と言えます。

『YJFX!アカデミー』やレポート・セミナーも充実しており、初心者も安心して利用出来る口座と言えます。

YJFX!の公式サイトを見る

 

【第4位】ヒロセ通商

ヒロセ通商「LION FX」

取引コストである「スプレッド」が狭く、取引時の約定率が高いことで有名な人気口座ヒロセ通商のLION FXは、近年人気が出てきたサービスです。

また、トレードバトルなど様々なイベントが企画されていて、FXを「稼ぐ投資」だけではなく、「楽しむ投資」の意味合いが強い口座となっています。

注文機能や取引ツールの使いやすさも良く、デメリットが少ないサービスと言えるでしょう。

ヒロセ通商の公式サイトを見る

 

【第5位】外為ジャパンFX

外為ジャパンの評判は

DMM FXと同様、外為ジャパンはDMM.com証券のFXサービスです。DMM FXとの違いはいくつかありますが、最大の違いは「取引単位」です。

DMM FXが1万通貨に対し、外為ジャパンは1,000通貨。取引単位が少ないことは、初心者でも取引しやすいと言えます。

また、専用のアプリではなくネットサービスで取引できるため、場所を選ばずに取引できるのも魅力の1つです。

外為ジャパンの公式サイトを見る

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。