1. ホーム
  2. 初心者向けコンテンツ
  3. 【体験談付】初心者が陥る失敗
  4. ≫【FX初心者が陥る失敗】負ける理由は取引手法のせい!?【前編】

【FX初心者が陥る失敗】負ける理由は取引手法のせい!?【前編】

どうしてほとんどのFXトレーダーが稼ぐことができず、そして退場していくのでしょうか?これまで当サイトでは、稼ぐための具体的なお話をしてきましたが、この記事では、反対に、実際の経験をもとに、なぜ負けるのかについて、その仕組みを解説します。

なぜ負けたのか?なぜ、損失を出す取引を行ったのか?

まずは負けた理由を振り返る必要があります。

負けの原因を調べることは、病気の治療と同じです。

  • 何の病気なのか?
  • どの薬を処方すれば治癒するのか?
  • どのような対処をすれば悪化しなかったのか?

人は誰しもが病気になりますが、大事なことは、その病気を繰り返さないことですよね。FXでも同じことが言えます。

この記事では、リアルな体験談だけではなく、その原因ももちろん、そしてあの時どうすれば良かったのかを何回かに分けてお話ししていきます。今回は手法ジプシーに陥ったときどうしたかを前編と後編に分けてお話しします。

【FX初心者が陥りやすい失敗 1.手法ジプシー】なぜこうなった?

FX初心者のころの「偶然勝ち」は後に痛い目に

わたしがFX初心者のころの体験談をお話しします。当時のクロス円相場は、円キャリートレード全盛期でしたので、買えば上がるし儲かるという時代でした。もちろんわたしも大きく稼ぐことができました。

特にトレードルールがなくても稼げたので、当時のトレードルールなんて「下がったなと思ったところで買う」という値ごろ感によるものでした。これが後々悪影響を及ぼすことになります。

それからスワップポイントももらいながら稼ぎ続けましたが、トレンドなんていつか終わりがきます。それが突然、クロス円相場の急落という形でやってきました。多くのトレーダー仲間たちが退場していくところを見ましたし、自分も危ういところでした。

ようやくそこでクロス円の買いポジションを持つだけでは勝てないということに気づいたのです。そこである考えにたどり着くのです。

「そうだ、稼ぐトレーダーは特別な何か良い手法を使っているに違いない!」

ここからわたしのいばらの道が始まるのです。

ネットで偶然、稼ぎまくるトレーダーに出会う

なぜ勝てないのか、なぜ負けるのかをインターネットで模索する毎日。悶々としながらもリアルトレードを続けていました。普通で考えれば狂気の沙汰かもしれませんが、負けたのが偶然で自分は勝つのが普通じゃないかと、どこかで考えていたのだと思います。

しかし何の戦略も、優位性のある手法もわからないままでした。リスク管理なんてしているはずがありませんでした。むしろハイレバレッジで億単位のお金を稼ぐトレーダーがネット上に溢れていましたから、わたしも常にハイレバレッジで勝負していました。

ですが大幅に資金を失ってからネット上で、あるトレーダーに出会うのです。そのトレーダーはいつも勝っていました。勝っているというよりも稼いでいました。そのトレーダーはFX初心者だったわたしに基礎的なことを色々と教えてくれました。

「〇〇さんのように、一気に大きなポジションをもつのはとても危険だから、ポジションを分散していくほうが良いわ。ポジション数を良く考えてエクセルで計算してみて。そして買いだけや売りだけといった片張りも危険だから同時に反対ポジションももつと良いと思うよ。」

今のわたしがこれを聞いたなら、トレンド方向に厳格なリスク管理下の元でピラミッディングをしていく方法と予測できるので「なるほどね」と思うのですが、当時のわたしは違いました。

「やっぱりすごいトレーダーはすごい手法を使っているんだーーー!」
「それより片張りってなにーーー?」

もう知らないことばかりで頭は混乱しました。でも何かキラキラとした魔法のような手法があるような、そんな気がしていたのです。そしてわたしはここから稼ぐようになるどころか、更に負けトレーダーへと転げ落ちていきました。

【FX初心者が陥りやすい失敗 1.手法ジプシー】それからどうなったか?

ついに有料の情報に手をだしてしまう

稼げないなら基本に立ち返って基礎から学び直すべきでした。しかしその「キラキラした魔法のような手法」を探すために、ゴールのない長い長い道へと旅立ってしまったのです。

当時のわたしは「本を読んでも大したこと書いていないわ」と、今考えると一番大切な箇所は流し読みをし、具体的な手法部分ばかりを追い求めていました。

ついにネット上で「月に100万円勝てます!」というようなセールスレターに遭遇してしまうのです。藁にもすがる思いでその手法を買おうと決意しましたが、値段が98,000円とのことでした。期間限定で今から24時間以内なら78,000円!との記載が…

それでも高すぎて買えない…でも月に100万円儲かるならすぐにペイできる!と購入してしまったのです。浅はかでした。恥ずかしいくらい騙されやすいなと今では思います。

さあこれでわたしは月に100万円儲かる!と意気揚々として情報商材の内容を見たところ、曖昧な記載だらけだったのです。例えばボリンジャーバンドが広がって移動平均線が上向きなら買いというものです。

判断が難しいので著者にメールをしたのです。すると「僕も初めて情報商材を発行したので…正直よくわからないんですよね~、どっちでもいいですよ。勝てそうだと思ったらポジション持ってください^^」という回答でした。

もう絶望でしたし、これは詐欺だと思いました。ですがクレームをつけてさらに訴訟に発展させようなどという元気もありませんでした。

同じ勝てないトレーダーに相談しました。すると「つかんだ商材が悪かったよね…この商材ならおすすめできるから!」と言われました。最初のよりは安かったので、また購入してしまいました。

結局その商材も前回と同じで曖昧な記載ばかり。読み手によってどうともとれる内容の手法でした。なぜそのトレーダーはこの商材をわたしにすすめてきたのか?それは紹介料を情報商材の発行者からもらっていたからです。それも1人紹介すれば2万円くらいだということです。

もう騙されないと誓いました。

FXで稼ぐというゴールを探し求めてネット上をさらに彷徨う

騙されないぞと強く誓ったものの、ネット上で手法を探す旅は続いていました。ブログランキングで上位のブログを覗いてみると、ブログの運営者は「神」と崇められ、信者のような負けトレーダーが毎日毎日たくさんコメントしていました。

その「神」は一人一人にコメントを返していました。仕事もしていて小さいお子さんもいるという彼は一体いつFXやっていたのでしょう。でもとにかく稼ぎたいので、コメントをしてみました。「●●さんはどんな手法を使っているのですか?」と。

そういった声がよくあるので、会員制のFX教室をやりますとのことでした。入るための条件は2万円とのこと。騙されないと誓ったので躊躇したのですがやはり入会することに。教えてもらった手法はインジケーターを使わない手法でしたが、これまた曖昧なものでした。

「これって●●さんだから勝てるというだけで、普通の人がやっても勝てないどころか負けるのでは…?」

後から聞くとやはりほとんどのトレーダーが勝てずに脱落していったようです。わたしも彼から見れば脱落者なのですが、自分の中の中でこの手法をこなしていくのは不可能だと早めに判断できて良かったのです。

判断基準を彼に問い合わせても明確なトレードルールがないためか、はっきりとこうだという答えは返ってきませんでした。わたしはまた深い森へ入ってしまったような気持ちになりました。

結局そこを脱退してから、さらにネット上を徘徊します。ですがようやく光がさしたのです。

やっとダイアモンドの原石に辿りついた!?

深い森の中を探しても探しても「キラキラした魔法のような手法」が見つかりません。長年FXをやっているけれど結果が残せない方は特にこれを探し続けているのかもしれません。

「どうしてなの…稼いでいる人とわたしは一体何が違う?」

自称勝ち組ではなく、本当に稼いでいるなと感じたトレーダーの運営するサイトやブログは、かたっぱしからほとんど読み尽くしました。稼いでいる人にはいくつもの共通点がありました。

意外にお金に対して欲がないのです。そしてチャンスの時のみポジションを持っていました。相場に参加しているときも熱くなることはほとんどないし、負けても一時的なものと捉えてあっさりしていたのです。

当たり前のことばかりなのですが、この気づきは大きな収穫でした。わたしは全てにおいて逆だとわかったからです。ここからわたしは一体どう試行錯誤していったのでしょうか?

後編に続きます!

>>【FX初心者が陥る失敗】負ける理由は取引手法のせい!?【後編】

お役に立てばシェアしてくださいね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。