1. ホーム
  2. FX取引のコツ
  3. ≫FXはローソク足だけじゃない!平均足を使ったシンプル手法を検証

FXはローソク足だけじゃない!平均足を使ったシンプル手法を検証

チャートの基本はローソク足ですが、売買シグナル判別の容易さから人気を集めているテクニカル指標があります。それが「平均足」です。別名「コマ足」とも呼ばれています。

一目見るだけで売買判断ができるとあって、初心者の人にも使いやすい指標として知られています。

この記事では平均足がどのようなものか、その見方やトレード手法などをご紹介していきます。平均足をトレードに活用してみたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

\一番手数料が安い口座を使っていますか?/

※業界最狭スプレッド&高スワップ金利

平均足とは?

平均足は一見するとローソク足に似ていますが、形成されるまでの要素が幾つか異なります。ローソク足は、高値・安値・始値・終値の4つの要素が現在値ベースで成立していきますが、平均足は高値と安値のみが現在値ベースとなります(画像①と②)。

実体部分は現在値の高値・安値・始値・終値の平均値(画像③)と一本前の足の始値・終値の平均値(画像④)がベースとなって構成されています。

平均足にもローソク足と同様に陽線と陰線があり、画像は陽線を表しています。陽線の場合、画像のように安値と一本前の足の始値・終値の平均値が同値になることが多く、陰線の場合は高値とそれが同値になることが多いです。

そのため、陽線では上ヒゲが長く下ヒゲがない形が多くなり、陰線では下ヒゲが長く上ヒゲがない形が多くなっているのです。

ヒゲの捉え方が異なる

平均足とローソク足では実体が異なるため、ヒゲも当然異なります。そのため、相場の意味するところが違ってきます。

ローソク足の場合は陽線で上ヒゲが長いと、売りの大きな反発がありトレンドの転換点の可能性を示唆しますが、平均足の場合は上昇の傾向が強く上昇トレンドの継続を示唆します。

陰線の場合はこの逆で、下ヒゲが長いと下降の傾向が強く下降トレンドの継続の可能性が高いことを意味します。

また、陽線で下ヒゲが出てくるとトレンドの転換点のサインとなり、陰線の場合は上ヒゲが出てくると転換点と考えることができます。

外見では違いが少しわかりにくいためローソク足と混同しがちですが、ヒゲの捉え方がかなり異なりますので、ここは特に注意するようにしましょう。

平均足を用いるメリットとデメリット

平均足はローソク足とは見方も捉え方も異なるため、特徴も違ってきます。そのため、メリットとデメリットを正しく把握しておかなければ、トレードで実績を積んでいくことは難しくなります。

ローソク足とは異なる特徴を、しっかり抑えておきましょう。

平均足のメリット

平均足を使う最大のメリットはトレンドの判断がシンプルで分かりやすいことでしょう。上昇トレンドの場合は、陽線の実体が大きくて上ヒゲが長く、下ヒゲがないこと。下降トレンドの場合は、陰線の実体が大きくて下ヒゲが長く、上ヒゲがないことです。

平均足は、それ単独でトレンドの形勢判断が容易にできることが大きなメリットと言えるでしょう。

また、トレンドの転換点が分かりやすいのもメリットの一つです。上昇トレンドから下降トレンドへの転換シグナルは、連続した実体のしっかりした陽線に下ヒゲが出現すること。逆に上昇トレンドへの転換シグナルは、連続した陰線に上ヒゲが出現することです。

平均足のメリットは、総じてトレンドの把握がし易いことと言えるでしょう。

平均足のデメリット

残念ながらデメリットも存在します。平均足ではその名の通り平均値がベースで使われますので、現在値が分からないという難点があります。そのため、瞬時の判断が求められる短期売買には全く適していません。

また、詳細な値動きの変化や微妙な相場のニュアンスなどを汲み取れないため、エントリーポイントの精度を高める必要がある時などは利用できないでしょう。

平均足はトレンドの中心部分を狙うのに適していて、格言にある「頭と尻尾はくれてやれ」の精神にピッタリのテクニカル指標と言えるかもしれません。

平均足がよく使われる場面

先述の通り、平均足はトレンド把握に優れた指標です。短期スパンでもトレンドの傾向は十分に捉えられますし、移動平均線のゴールデンクロスやデッドクロスなどよりも転換ポイントを素早く捉えることが可能です。

しかし、平均足が好んで使われやすいのは主に長期スパンのトレードです。これはトレンドの中心を狙いやすいことと、陽線や陰線が継続するほど収益を得やすいことから、細かい上下動が多い短期売買よりもトレンドが持続しやすい長期売買の方が適しているからです。

ポジション保有が、1週間以上のスイングトレードあたりで使われるのが多いと言われています。トレンドが続きやすいという意味では週足や月足レベルでの使い勝手も良く、中長期で安定的に運用したいトレーダーに特に好まれているようです。

平均足を使ったトレード手法

ここからは平均足を使った具体的なトレード手法をご紹介していきます。メジャーなテクニカル指標を組み合わせた手法となります。

RSIと組み合わせたトレード手法

平均足とオシレーターのRSIを組み合わせた手法になります。オシレーター系は過剰な買いや売りを教えてくれる指標とも言われていますが、これは天井圏・底値圏に指標がある時は強いトレンドを意味しているとも言えますのでこれを利用します。

エントリータイミングは陽線から陰線への転換時、または陰線から陽線への転換時です。ただし、実体がはっきりした平均足になっているときに限ります。

また、RSIが勢いよく逆方向に振れたタイミングまで待つとより確度は上がるでしょう。ちなみに、RSIが中間圏(目安:40~60)ではエントリーは見送りです。

RSIが天井圏(目安:60~100)・底値圏(目安:0~40)にある時はポジションをホールドする戦略を取ります。

範囲外になった場合はエグジットします。これに加えてRSIが勢いよく逆方向になった場合は、ドテン(ポジションを手仕舞いして、逆ポジションを持つ)することを検討しても良いでしょう。

陽線・陰線がどこまで連続するか、また転換点がどこで訪れるかを把握する補助ツールとしてRSIを組み合わせると、精度の高いトレードができるようになります。

ボリンジャーバンドと組み合わせたトレード手法

ボリンジャーバンドは非常に有名なテクニカル指標ですので、初心者でも使っている人は多いでしょう。ボリンジャーバンドは25SMAと±2σを、平均足は1時間足と日足を用います。

エントリータイミングは単純で、日足のトレンドに1時間足のトレンドが転換した時となります。つまり、日足が陽線であれば、1時間足は陰線から陽線へと転換が確定した時ということです。

ただし、日足と1時間足ともに実体がはっきりした形になっていないときはエントリーを控えましょう。十字線やはらみ線のときは見送りが賢明です。

利確ポイントと損切ポイントはボリンジャーバンドを使います。25SMAより上でロングポジションを持った場合は、+2σが利確ポイント、直近の安値が損切ポイントとなります。

25SMAより下でロングポジションを持った場合は、利確ポイントが25SMAになります。損切ポイントは変わりません。ショートポジションはこの逆と考えて頂ければ良いです。

使うテクニカル指標がメジャーで、エントリーポイントも利確ポイントもシンプルですので、初心者の人にもおすすめできる手法です。

まとめ

ここまで、平均足の見方やトレード手法についてご紹介してきました。

ローソク足が有名すぎるため平均足の存在を知らない人も少なくありませんが、トレンド把握には非常に優れた指標です。

トレード手法が数多くありエントリーポイントが明確で使いやすいこともあって、初心者の人にもおすすめです。この機会に是非試してみてください。

お役に立てばシェアしてくださいね。

初めてFX口座を作る方や今より使いやすい口座を探している方におすすめの口座は次の5つです。

【人気口座厳選】スマホでも使えるFX口座Best5
  1. DMM FX
    (使いやすさ・スワップ・スプレッドなど、私が求めているものが全てトップクラス)
  2. GMOクリック証券
    (DMM並みの口座ですが、使いやすさの点で2位。テクニカルツールは充実)
  3. YJFX!
    (スマホでの操作性に定評あり!)
  4. ヒロセ通商
    (通貨ペアが多く、機能も充実しており、中級者にも人気)
  5. 外為ジャパンFX
    (取引単位が少なく、リスクを抑えて取引したい人に人気)

 

【第1位】DMM FX

DMM.com証券「DMM FX」

1位は文句なしのDMMFXです。

「やっぱりか!」って声が聞こえてきそうですが、もうデメリットを指摘する箇所があまりないため、総合評価が1位となっています。

10年以上FX取引を行ってきた私の個人的な感想ですが、

  • スプレッドの狭さ
  • スワップ金利
  • ツールの充実度・使いやすさ
  • サポート
  • ニュースなどの情報量
  • スマートフォンでの操作性
  • LINEでのお問い合わせ機能

などがあり、総合評価が高い口座です。

DMMFXは「初心者向けの口座」と思われていて、初めての方が最初に作る口座と推奨されていますが、私のメイン口座はいまだにDMMFXです。

\約3分で申し込み完了/

DMM FXの口座開設はこちら

 

【第2位】GMOクリック証券

個人的にはローラさんより新垣結衣さんを推したいところですが、GMOクリック証券さんは僅差で2位にしました。

DMMさん同様、スプレッドが業界屈指の狭さ(コストが安い)で、さらにスワップ金利も高めに設定されていることから、デイトレ〜スイングトレード〜長期保有まで幅広いユーザーに使われています。

チャートツールや発注画面の操作性、スマートフォンの利便性も良く、投資情報も充実しているので、初心者からFX上級者まで幅広い投資家から人気のFXネオは総合評価が最も高い口座です。

かなり個人的な意見ですが、ツールの使いやすさの点でDMMさんの次のランクインとしました。

両方口座を作って、使い比べてみるのがいいですよ。

GMOクリック証券の口座開設はこちら

 

【第3位】YJFX!

YJFX

YJFX!の外貨exの特徴は、何と言ってもスマホアプリの使いやすさです。

FX初心者から上級者まで満足度が高いアプリ・ツールがあり、さすがYahooJAPAN!と言えます。

『YJFX!アカデミー』やレポート・セミナーも充実しており、初心者も安心して利用出来る口座と言えます。

YJFX!の公式サイトを見る

 

【第4位】ヒロセ通商

ヒロセ通商「LION FX」

取引コストである「スプレッド」が狭く、取引時の約定率が高いことで有名な人気口座ヒロセ通商のLION FXは、近年人気が出てきたサービスです。

また、トレードバトルなど様々なイベントが企画されていて、FXを「稼ぐ投資」だけではなく、「楽しむ投資」の意味合いが強い口座となっています。

注文機能や取引ツールの使いやすさも良く、デメリットが少ないサービスと言えるでしょう。

ヒロセ通商の公式サイトを見る

 

【第5位】外為ジャパンFX

外為ジャパンの評判は

DMM FXと同様、外為ジャパンはDMM.com証券のFXサービスです。DMM FXとの違いはいくつかありますが、最大の違いは「取引単位」です。

DMM FXが1万通貨に対し、外為ジャパンは1,000通貨。取引単位が少ないことは、初心者でも取引しやすいと言えます。

また、専用のアプリではなくネットサービスで取引できるため、場所を選ばずに取引できるのも魅力の1つです。

外為ジャパンの公式サイトを見る

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。