1. ホーム
  2. FX取引のコツ
  3. ≫ローソク足の毛抜きパターンを使った簡単FXトレード法とは?

ローソク足の毛抜きパターンを使った簡単FXトレード法とは?

ローソク足分析には非常に多くのパターンがあり、これだけでも幅広いトレードを実行することができます。

中でも、毛抜きと呼ばれるパターンもその一つで、トレンド転換のシグナルとして広く知られています。

転換シグナルはエントリータイミングだけではなく、エグジットやロスカットなど様々なシーンで活躍してくれる優秀な合図ですので、覚えておくと利益をしっかり積み上げることができるでしょう。

この記事では毛抜きパターンがどのようなものなのか、その特徴やトレード手法などについて詳しく解説していきます。毛抜きパターンや転換シグナルを理解しておきたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

毛抜きパターンとは

チャートでよく見られる毛抜きパターンとは、ローソク足の組み合わせのパターンの一つです。2本以上のローソク足の高値若しくは安値が揃った状態が毛抜きパターンとされています。高値が揃っている場合を「毛抜き天井」と呼び、安値が揃っている場合を「毛抜き底」と呼びます。

毛抜き天井は天井圏で出現しやすく、上昇トレンドから下降トレンドへの転換シグナルとして用いられます。逆に毛抜き底は底値圏で出現しやすく、上昇トレンドへの転換点となる可能性が高いパターンとなります。いずれも高値・安値行き止まりの形を表しているということです。

ローソク足本体は陽線でも陰線でもあまり変わりませんが、傾向としては値動きの大きい長いローソク足ほど騙しが少ないと言えます。この場合は転換シグナルとしても強い合図が出ていると考えれば良いでしょう。

ローソク足の組み合わせパターンについては、下記記事でご紹介していますので合わせて参考にしてみてください。

関連記事FX初心者必見!ローソク足の組み合わせでトレードの幅がこんなに広がる!

毛抜き天井・毛抜き底の基本的な使い方

毛抜き天井・毛抜き底ともに転換シグナルとして使われるのは先述の通りです。チャート上で表れた時にどのようにトレードをしていけば良いかをご説明します。

逆張りエントリー

最もシンプルなのは逆張りエントリーになります。たとえば、毛抜き天井の出現は上昇トレンド終焉の可能性が高いですので、逆張りの売りエントリーで仕掛けます。メインの時間軸で毛抜きパターンが確定したら、下位の時間軸でエントリーポイントを探って仕掛けましょう。

画像は米ドル/円の1時間足ですが、毛抜き天井から大きく下落しているのが分かるかと思います。この場合ですと、上手くエントリーできれば50pips程度の利益になるでしょう。

毛抜き底の場合も同様で、下降トレンド転換となるため逆張りの買いエントリーを仕掛ければ良いのです。

エントリーは、ある程度強いラインで出現した場合にしておけば、精度の高いトレードになるでしょう。

順張りエントリー

トレンド発生中の一時的な戻りで発生した毛抜きパターンで順張りエントリーを仕掛ける方法もあります。天井圏や底値圏ではなく、まだトレンドが継続しそうな局面での毛抜きパターンです。

たとえば、画像のように下降トレンド発生中に一時的な上昇局面となり、この上昇の勢いが弱まったところに毛抜き天井が出るようなパターンです。これはトレンドフォローで言う戻り売りの手法で、エントリータイミングの根拠を毛抜き天井に求めているのです。

全体的に上昇トレンド転換するにはまだまだ根拠が弱い相場感であり、一時的な上昇が発生したものの、結局は元の下降トレンドに戻っていった相場ということになります。

この一時的な上昇からの下降トレンドへの転換シグナルとなったのが、画像の毛抜き天井ということです。明らかに強いトレンド発生中に逆トレンドと毛抜きが出た場合は、戻り売りや押し目買いのエントリーチャンスとなります。

トレンドの勢いなどをある程度見極めつつ、相場の現状分析を的確にしながらエントリーを仕掛けるようにしましょう。

関連記事FX初心者がスイングトレードで逆張りをすることは有効?

手仕舞い

トレンドの終わりになる可能性が高いことから、保有しているポジションを決済するサインとしても使えます。それ以上レートが伸びそうもなければ、毛抜きが確定したところで決済してしまっても良いでしょう。

また、毛抜きは出たもののラインがさほど強くない場合や、ほかにトレンド継続の強いサインがあるのであればポジションは保有しておき、直近安値(毛抜き底であれば高値)の数pips下にロスカットを設定するのも良いかも知れません。

そして、毛抜き天井のラインを上抜けてトレンドが継続すれば、トレールでポジションを継続すれば良いのです。

このようにエグジット・ロスカットの準備やその後のシナリオ作りにも使えますので、毛抜きパターンが出現したら有効活用できるようにしましょう。

毛抜きパターンを用いたトレード手法

毛抜き天井・毛抜き底を使ったトレード手法をご紹介していきます。毛抜きパターンは、トレンドフォローと逆張りどちらでも使えますが、ここでは手堅いトレンドフォローの手法をご紹介します。

移動平均線と毛抜き天井・毛抜き底の組み合わせ手法

移動平均線と毛抜きパターンを組み合わせたスキャルピングのトレンドフォロー手法となります。ローソク足は1分足と15分足を使います。基本的には、15分足と移動平均線で相場の流れを把握し、1分足の動きでエントリーを仕掛けることになります。

移動平均線で用いるのは21MA。ボリンジャーバンドのミドルバンドとしても用いられているため、好んで使うトレーダーも多い人気のラインです。

以下、買いエントリーする場合の手順をご説明します。

①エントリー方法

エントリー方法はシンプルで、手順も分かりやすいです。

まず、15分ローソク足と1分ローソク足がともに移動平均線の上に位置していることを確認します。その上で1分ローソク足が高値更新をしつつ毛抜き底が確定したら買いエントリーを仕掛けます。

上昇トレンド発生中の押し目を狙ったエントリー方法で、この場面で毛抜き底が現れることは少ないですが、出現したらエントリーチャンスですので逃さないようにしましょう。

②損切方法

損切りラインは毛抜き底の安値の下5pips程度に設定しておきましょう。このラインでノイズにかかることは少ないかと思いますが、かかってしまった場合は割り切って次のエントリーチャンスを待ちます。

③利益確定方法

利確ラインは+10pipsに設定しておきます。ここで決済できるのがベストですが、相場の展開次第ではリミットまで達しない場合でも手仕舞いを検討する必要があります。

陽線が連続している状態で陰線が出現し、これが直近の安値を更新した場合は利確するようにしましょう。この場合、トレンドの勢いが弱まっている可能性が高くズルズルと保有していると利益を飛ばしてしまう可能性もあるからです。

まとめ

ここまで、毛抜きパターンの特徴やトレード手法などについてご紹介してきました。

ローソク足の組み合わせの一つに過ぎない毛抜きパターンですが、トレード方法としては様々な取り組み方があることに驚かれた人もいるかもしれませんね。ローソク足は様々な視点から捉えることでき、多くの場面で活用することができるのです。

毛抜きパターンはトレンド転換シグナルという、相場では重要な局面を知らせてくれるものです。エントリーチャンスを早く知り、エグジットポイントを察知することで利益をしっかり確保していきましょう。

ローソク足の他の組み合わせも有効活用して、トレードレベルを高めていきましょう。

お役に立てばシェアしてくださいね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。