1. ホーム
  2. FX取引のコツ
  3. ≫スワップポイントを得ていく上で初心者が注意すべきこと4つ

スワップポイントを得ていく上で初心者が注意すべきこと4つ

FXにおいて貯蓄的要素が強い取引方法がスワップ狙いのトレードです。為替差益を狙う投機的要素が強い従来のトレード方法とは異なり、毎日定期的に収入を得ることができるスワップポイントは、手堅い取引方法として人気を集めています。

高金利通貨であれば銀行に預けるよりも遥かに高い収入を得ることができるとあって、近年人気を集めているトレードなのです。

しかし良いことばかりではなく、押さえておくべきポイントを軽視すると思わぬ損失を被る可能性も秘めています。スワップポイントを継続的に得ていく上で、注意すべきこととはどのようなものでしょうか。

この記事ではスワップポイントを得るために、特に初心者が注意すべきポイントをご紹介していきます。為替差益を狙う忙しいトレードではなく、安定したトレードをしたいと考えている人は是非参考にしてみてください。

\サラリーマン副業投資には自動売買がオススメ/
インヴァスト証券「トライオートFX」
※1,000通過対応&利用料無料

スワップポイントとは?

まずはトレードを有利に進めていくためにも、スワップポイントがどのようなものかを簡単にご説明します。スワップ(swap)は、英語で「2つ(以上)のものを交換する」と言う意味があり、FXで言うスワップは2国間の金利を交換することを指しています。つまり、通貨ペアとして選んだ2国間で発生する金利差を収益として得ることができるのです。

たとえば南アフリカランド/円の通貨ペアでは、南アフリカの金利が7.0%、日本の金利が0.1%ですので、その金利差は6.9%となります。この金利差をスワップポイントとして受け取れるということです。

スワップポイントを得るメリット

スワップポイントを得る最大のメリットは、ポジションを保有していれば毎日収益を得られるということでしょう。定期預金や外貨預金などとは違って、毎日自動的に口座へ入金されるのです。定期的な収入が毎日入ってくるというのは、大きな魅力に違いありません。

為替差益を狙う通常のFXトレードとは違って、為替レートを常に追いかける必要がないこともメリットと言えるでしょう。ポジションを持っているだけでスワップポイントがもらえるということで、非常に簡単にトレードができるのです。

また、高金利通貨は世界に多くあり、その中にはかなり高いスワップポイントが毎日得られる通貨もあります。スワップ狙いのトレーダーの中には、この収入だけで生活している人もいるくらい大きな利益をもたらすこともあります。簡単なトレードで高収入を得られるのは、大きな魅力と言えるでしょう。

スワップポイントを得るための注意点

スワップ狙いのトレードは分かりやすく、さほど難しいトレードテクニックも必要としませんので、初心者の人でも取引しやすい手法です。しかし、甘くみていると巨額の損失を被ることもありますので、油断は禁物です。ここでは、スワップポイントを得ていく上で、抑えておくべきことを4つご紹介していきます。

強制ロスカットと適切なレバレッジ

スワップトレードで最も注意しなければならないのが強制ロスカットです。スワップポイントはポジションを保有することで初めて得られます。つまり、証拠金不足で強制ロスカットされてしまえば、スワップポイントによる収入はそこで途絶えてしまうということです。

ですので、スワップ狙いでトレードする場合はポジションを保有し続けなければならず、そのためには強制ロスカットをされないための資産管理をしなければなりません。そこで大事になってくるのが、レバレッジです。

レバレッジの倍率を高く設定すれば、多くの通貨を保有できますがその分リスクは大きくなります。方やレバレッジを低く設定すると、多くの通貨は保有できませんが、強制ロスカットされるリスクは低くなります。

このバランスを考えてトレードをすることがスワップポイントを狙う際には重要になってくるということです。通貨のリスク度合いによってレバレッジの適正倍率は異なりますが、一般的には3倍程度であれば大きなリスクにさらされることなく運用していくことができるでしょう。

ただし、大きな戦争やテロ、クーデターなどハイレベルな事象が発生した場合は大暴落することもありますので、その際は勇気を持って撤退することも必要です。

売買の方向

これはFXを始めたばかりの人にありがちなことですが、売買の方向には十分に注意してください。買いと売りの方向を間違えると、スワップポイントがもらえないどころか逆に支払うことになります。これは金利差のことを考えてもらえれば分かりやすいかと思います。

先述の通り、スワップポイントは2国間の金利差で発生するものです。金利が低い通貨で金利が高い通貨を買えばそのプラスの金利差でスワップポイントが得られますが、逆のことをするとマイナスの金利差が発生しこれを支払う必要が出てくるのです。

つまり、クロス円でスワップポイントを得るのであれば、日本円より金利が高い通貨を買うことでプラスの金利差となり収益が発生します。基本的なことではありますが、ここを間違うと元も子もありませんので今一度確認しておきましょう。

ファンダメンタルズ的なリスクの見極め

高金利通貨はスワップポイントを多く得られるため、投資対象として魅力的です。しかし、注意しておかなければならない点があります。それは高金利であるがゆえにハイリスクであるということです。

高金利を採用している国は、政情不安や地政学的リスクなど何かしらの不安を抱えていることが多く、そのため為替レートの値動きが激しいものも少なくありません。ひとたび暴落を始めると、簡単に下限ラインを突破して強制ロスカットされてしまうこともあり得ます。

ですので、明らかにリスクが増している国の通貨には手を出さない方が良いでしょう。その見極めはファンダメンタルズ的な要素が絡んでくるので少々難しいですが、現在の対象国の情勢とその周辺の情勢、過去に大きな事件が発生した時の値動きなどをしっかり分析して、投資できるかどうかの判断をしていきましょう。

万が一対象通貨が暴落して耐え切れ無くなる可能性がある場合は、ギリギリまで粘らず早めのロスカットも検討しましょう。傷を浅いうちに塞いでしまうのもトレードでは重要な要素です。

FX業者によるスワップポイントの違い

実はスワップポイントは、同じ通貨であってもFX業者によって違う値が設定されています。スワップ取引で人気の高い南アフリカランド/円では、10万通貨あたり1日150円のスワップポイントを付与する業者があれば、4円しか付与しない業者もあり、その収益差は歴然です。

スワップポイントでのトレードは長期運用が前提ですので、年単位で考えていくとかなり大きな収益の差となって表れます。そのため、スワップ狙いのトレードでは、特に業者選びを慎重にしなければなりません。

おすすめできる業者は、ヒロセ通商が経営している「LIONFX」と、GMOグループの「GMOクリック証券」です。

「LIONFX」は豪ドル/円(50円)とNZドル/円(60円)のスワップポイントが最も高く、南アフリカランド/円(150円)も非常に高水準でありながら、1000通貨からも取引できるところが魅力です。「GMOクリック証券」は南アフリカランド/円が10万通貨あたり170円と最も高く、他の通貨スワップも高水準であるため利益を得やすい業者です。

メイン通貨ペアのスワップポイントを得る場合は上記2つのFX業者で取引することをおすすめします。

ヒロセ通商(LIONFX)の公式サイトはこちら

GMOクリック証券の公式サイトはこちら

まとめ

ここまで、スワップポイントを得るために特に初心者が注意すべきポイントについてご紹介してきました。

スワップポイント狙いのトレードが非常に簡単で分かりやすく、長期的に利益を得やすいトレードであることはご理解いただけたことでしょう。その一方で、運用方法を間違えると手痛い目に遭うこともお分かりいただけたことと思います。

スワップポイントを継続的にかつ長期に渡って得ていくためには、強制ロスカットされずにいかに耐えていくかが基本的な考え方になります。そのためには、適切なレバレッジで資金管理をしていかなければなりません。

そして、リスクが高まっている地域を見極めて投資対象にふさわしいかどうかの判断を下す必要があります。投資通貨ペアが決まれば、あとはその通貨のスワップポイントが高い業者を選定するだけです。

このように、重要なポイントを間違わなければあとはポジションを保有しているだけで毎日スワップポイントが入金されていきます。トレードに余計なパワーを割かなくても良いため、忙しい人にもおすすめできる手法です。

為替差益を得る取引のスピードに疲れた人や、長期的に安定して利益を得たい人は是非スワップ狙いのトレードを試してみてはいかがでしょうか。

インヴァスト証券「トライオートFX」

お役に立てばシェアしてくださいね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。