1. ホーム
  2. FX取引のコツ
  3. ≫【20口座以上から厳選】スワップ狙いで一番使えるおすすめのFX口座

【20口座以上から厳選】スワップ狙いで一番使えるおすすめのFX口座

スワップトレードにおいて、業者選びは非常に重要な要素です。スワップポイントはどれくらい付与されるのか、自由に引き出せるのか、通貨ペアはどれくらい用意されているかなど、検討すべきことはいくつかあります。

スワップ運用をどのように進めていきたいのか、その方針に沿って業者を慎重に選定していくことが長く利益を得ていく上で大切になってくるのです。自分に合う業者がどこなのか押さえるべきポイントを明確にしておきましょう。

この記事ではスワップ運用に適した業者を選定するたのポイントや、それを踏まえた上でのおすすめの業者をいくつかご紹介していきます。自分のトレードスタイルに合った業者を選びたい人は是非参考にしてみてください。

\サラリーマン副業投資には自動売買がオススメ/
インヴァスト証券「トライオートFX」
※1,000通過対応&利用料無料

スワップ運用に適したFX業者を選択するためのポイント

まずは、スワップ運用を適切に進めていくためのポイントを考えていきます。次に挙げるポイントの中から、自分が重視したいものを中心に業者の選定を進めていくようにしましょう。

高いスワップポイント

1つ目は高いスワップポイントが付与されているかどうかです。これはスワップポイントで利益を得ていく以上外せない項目かと思います。毎月または毎年どれほどの利益を得たいのか、選択する業者はその基準を満たしているのかが判断基準になります。

スワップポイントの水準はピンキリですので、低水準な業者を選ばないように慎重に比較検討しましょう。

スワップポイントの出金方法

これは投資スタイルで重視すべきかどうかが変わってくるポイントです。FX業者によってスワップポイントの出金方法が異なり、ポジションを保有したままスワップポイントだけを出金できる業者とできない業者に分かれます。

スワップポイントを運用に回すことしか考えていない人は考える必要がない部分ですが、利益で得たスワップを定期的に引き出して生活費などに充てる方針の人にとっては非常に重要な項目になります。

スワップのもらえる通貨ペア

スワップポイントをもらえる通貨ペアをどれくらい取り扱っているかは、特にマイナーな通貨ペアでの運用を考えている人には重要な項目です。主要通貨ペアである、豪ドル/円やNZドル/円、南アランド/円あたりは扱っていない業者を探す方が難しいくらいですので、これらの通貨ペアを運用する人にとっては問題ないでしょう。

ただ、ブラジルレアル/円や米ドル/トルコリラなどのマイナーな組み合わせは、国内FX業者では取り扱っているところが少なく、このような通貨ペアでの運用を予定している人にとっては最重要な項目と言えるでしょう。これらを扱っていない業者では取引そのものができませんので、最初に確認すべきポイントとなります。

上記のポイントを踏まえた上でおすすめのFX業者をご紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

GMOクリック証券(FXネオ)

GMOクリック証券

まずおすすめしたいのが、GMOクリック証券(FXネオ)です。まず、付与スワップポイントが非常に高水準です。主要通貨の豪ドル/円、NZドル/円、南アランド/円などは全てトップクラスのスワップが提供されています。

また、ポジションを保有したままでスワップポイントだけの出金が可能な点もうれしいところ。スワップ運用の幅が広がります。

少し残念なところは選べる通貨ペアがやや少ないことでしょう。トルコリラ/円も扱っていないので、がっかりする人も多いかもしれません。

とは言え、メイン通貨ペアで運用する人にとってはかなりありがたい要素が詰まっています。メイン通貨ペアでの運用を考えていて、スワップポイントを自由に使いたい人には打ってつけの業者と言えるでしょう。

GMOクリック証券(FXネオ)の公式サイトはこちら

ヒロセ通商(LIONFX)

次にお勧めしたいFX業者は、ヒロセ通商(LIONFX)です。主要通貨ペアにおいては軒並み高水準のスワップポイントが提供されています。また、人気の高い高金利通貨ペアであるトルコリラ/円も業界トップクラスのスワップポイントが付与されているのです。

スワップポイントを最重要視している人には、おすすめできる業者です。しかし、そのスワップポイントはポジションを保有したままでは引き出すことができず、一旦ポジションを決済しなければなりません。定期的にスワップ利益を出金したい人には、あまりおすすめできない業者ということになります。

ただ、スワップポイントもガンガン運用につぎ込む方針の人であれば、全く問題ないでしょう。高スワップですので積みあがる速度も速く、運用の収益もどんどん大きくなっていくことでしょう。

ヒロセ通商(LIONFX)の公式サイトはこちら

サクソバンク証券

とにかく通貨ペアを多く扱っている業者を探している人にはサクソバンク証券がおすすめです。通貨ペア数は何と174となっており、かなりマイナーな通貨ペアの運用希望にも応えてくれるでしょう。

加えて、トルコリラ/円のスワップが最高水準であったり、超ハイリスクな米ドル/トルコリラのスワップポイントも1日あたり約300円であったりと魅力的なラインナップも多く用意されています。

ハイリスクであってもとにかくスワップポイントが高い通貨ペアで運用したいという人は、一度検討してみてはいかがでしょうか。

サクソバンク証券の公式サイトはこちら

IG証券

IG証券も通貨ペアを豊富にそろえており、その数は93となっています。数ではサクソバンク証券に劣りますが、しかし国内で唯一ブラジルレアルを取り扱っているFX業者です。

BRICsの一角であるブラジルは今後大きな経済成長を期待されている国です。ややリスクは高いですが、投資する価値のある通貨ペアです。

IG証券の公式サイトはこちら

DMMFX

DMMFXはスワップポイント付与は低いのですが、売りのスワップポイントも低い(買いと同値)と言う特徴を持っています。そのため、スワップポイントのアービトラージ手法が使える数少ない口座です。

たとえば、南アランド/円の通貨ペアをGMOクリック証券(FXネオ)で買いポジション、DMMFXで売りポジションで両建てすることで、為替変動によるリスクをほぼなくし業者間のスワップ差分だけを得る安全なトレードが成立するのです。

とにかく手堅いトレードがしたい人は、DMMFXでアービトラージ手法を実践することも検討しておくと良いでしょう。

アービトラージ手法については、下記記事で詳しく解説していますので参考にしてみてください。

関連記事スワップポイントの禁じ手アービトラージを徹底解説

DMMFXの公式サイトはこちら

まとめ

ここまで、スワップ運用に適した業者を選定するたのポイントや、それを踏まえた上でのおすすめの業者をご紹介してきました。

スワップポイント狙いのトレードでは業者選定が非常に重要になってきます。主なポイントとして、高スワップであること、ポジション保有しながらスワップのみ引き出せること、通貨ペアが豊富にあることが挙げられていました。また、付随的な要素として、非常に堅実に利益を出していくことのできるアービトラージ手法もご紹介しました。

重要なのは自分が運用する方針に合わせて業者を選定することで、自分のトレードスタイルを発揮できることを第一に考える必要があります。それを満たした業者であれば、スワップ利益をしっかり積み上げる良きパートナーとなってくれることでしょう。

スワップ運用イメージのできる業者が見つかった人は、是非積極的にトレードに参加してみてください。

インヴァスト証券「トライオートFX」

お役に立てばシェアしてくださいね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。