1. ホーム
  2. FX取引のコツ
  3. ≫スワップ狙いで強制ロスカットにならずに長期投資する方法とは?

スワップ狙いで強制ロスカットにならずに長期投資する方法とは?

スワップ派トレードは安全で堅実な取引方法ですが、最も注意すべきなのが強制ロスカットです。スワップポイントを得るためにはポジションを保有し続けなければならず、ロスカットでポジションが失われればその時点で収入は途絶えてしまうからです。

よってスワップポイントを長期に渡って稼ぎ続けるために、強制ロスカットは是が非でも避けなければなりません。では、強制ロスカットにならず長期投資をする上で注意すべきことにはどのようなものがあるのでしょうか。

この記事では、スワップポイントを長期的に得ていくために必要なポイントをご紹介していきます。スワップ狙いのトレードには興味があるけど、長期投資できるか不安を抱えている人は是非参考にしてみてください。

\サラリーマン副業投資には自動売買がオススメ/
インヴァスト証券「トライオートFX」
※1,000通過対応&利用料無料

スワップトレードを長期運用していくために必要なこと5つ

まずは、スワップトレードを長期的に運用していくために必要なポイントを簡単にご紹介します。スワップポイントを得ていくトレードは、ポジションを保有し続けることで初めて成立しますので、強制ロスカットされないように資金管理をしていかなければなりません。

リスクコントロールできる通貨ペアを選ぶ

トレードの性質上ポジションを保有し続けることが求められるため、リスクの高すぎる通貨ペアは極力避ける方が良いでしょう。国家が財政破綻寸前の通貨を選んだところで、運用を続けるにはリスクがあり過ぎます。

長期ポジション保有するために、自分でリスクコントロール下に置くことができる通貨ペアを選択する必要があります。

トレードスタイルに合ったFX業者を選定する

スワップポイントを得ていく上でFX業者の選定は非常に重要で、収益の大小やスワップポイントの活用方法、扱っている通貨ペアの種類など、業者によってかなり幅があります。自分のトレードスタイルに合わせて業者を選定することが長期運用のポイントとなるでしょう。

適切なレバレッジと資金管理

適切なレバレッジと資金管理を実践することで、安定した長期運用をすることができます。当然長期保有していると為替レートの変動もその分大きくなりますので、それに即した資金管理ができていなければ強制ロスカットされるリスクも高まります。

低レバレッジで為替レートに即した資金管理をすることは、長期保有する上では欠かせないポイントとなります。

スワップポイントの変動に注意

スワップポイントは毎日変動しますので、大きな動きがあった場合は注意が必要です。また、最も注意が必要なのは金利差が逆転するほどの変動があった場合です。当然ですが、金利差が逆転すればスワップポイントは得るものではなく払うものになりますので、運用そのものの見直しが必要になります。

現存するリスクを常に把握しておく

スワップポイントを得られる通貨は基本的に高金利であることが多く、それらの国は多かれ少なかれリスクを抱えているものです。現在抱えているリスクがどの程度通貨に影響を及ぼすのかは、把握しておきましょう。リスクの度合いによって、運用方法を検討していく必要に迫られることもありますので。

ここまで簡単に概要をご紹介した5つのポイントを、具体的に解説していきます。

リスクコントロールできる通貨ペアの選定

長期的にポジションを保有しスワップを継続的に得ていくための大前提として、リスクコントロールできない通貨ペアは選ぶべきではありません。近年は財政破綻する国も少なくありませんし、国家がデフォルトにでもなれば通貨の暴落は避けられません。高金利で魅力的な通貨であっても、リスクが大きすぎる通貨は選定から外すのが無難です。

スワップ運用で主要通貨ペアとなっている下記4通貨についてみてみましょう。

豪ドル/円

一時ほどの高金利ではなくなりましたが、まだスワップ運用の通貨ペアとしては人気があり安定した収益が見込めます。政治経済共に安定感抜群で、デフォルトのような心配はまずありません。他の高金利通貨ほどの収益は見込めませんが、安定重視であれば選ぶ価値があります。注意点として中国経済の影響を色濃く受けることは認識しておきましょう。

NZドル/円

豪ドル/円と同様、高金利通貨としての魅力は薄くなっていますが、安定した利益を得やすい通貨ペアとして人気があります。こちらも安定を第一に取引する場合に選択肢として浮上します。オーストラリア経済と中国経済の影響を強く受けることは覚えておいた方が良いでしょう。

南アランド/円

高金利通貨として高い人気があります。上記の2通貨ペアより収益性が高く、経済が堅調なこともあって一定の安定感があります。政局がやや不安定な時期もありましたが、問題視するレベルではないと考えられます。

2017年3月現在は1南アランド=8.5円前後で推移していますが、中長期的には上昇していく可能性が高く期待の持てる通貨ペアと言えます。総合的に見てスワップ運用するのに適した通貨と考えて良いでしょう。

トルコリラ/円

主要4通貨ペアの中で最も高い収益性があり、且つコストパフォーマンスに優れています。取り扱っている大手FX業者がやや少ないのが難点ですが、最近になって取扱数も増えてきた印象があります。収益重視であれば、かなり魅力的な通貨ペアと言えるでしょう。

問題はトルコ国内のリスクの高さにあります。IS関連のテロの脅威、周辺国から押し寄せる難民問題、クーデター再発のリスク、IS消滅後の国内部族間対立などリスクを数多く抱えています。ただし、経済的には有望株で高い成長率を持続的に維持しており、今後も期待が持てます。

国内外の政治的リスクをどのように見るかが、トルコリラ/円を保有すべきかどうかの判断基準になります。いざリスクが顕在化した時に、素早く対処できる自信がある人は検討しても良いでしょう。リスク管理に自信がない人は手を出さないことをおすすめします。

トレードスタイルに合ったFX業者の選定

FX業者を選定するポイントは、「スワップポイントの高さ」「通貨ペアの豊富さ」「スワップポイントの出金方法」の3点です。

スワップポイントは業者によって大きな幅がありますので、選定の際にはしっかり見ておきましょう。通貨ペアについては主要なものは問題ありませんが、マイナーなものは扱っている業者が少ないため、選定の際は取り扱い通貨ペアをしっかり確認する必要があります。

スワップポイントがポジションを保有したまま引き出せるかどうかは、見落としがちですが重要なポイントです。スワップの収益を生活費に充てたい人もいれば、全額運用資金に積み立てていきたい人もいるので、判断が分かれるところとなるでしょう。事前に業者のシステムを確認しておくことをおすすめします。

スワップトレードに適したFX業者の選定については、下記記事で詳しくご紹介していますので合わせて参考にしてみてください。

スワップ狙いでおすすめのFX口座はコレ!
(未公開のためURLなし)

適切なレバレッジと資金管理

安定して長期運用をしていくために、強制ロスカットにならないよう資金管理を徹底していく必要があります。と言っても通常のFXトレードのようにチャートを常時確認して、1トレードごとにロスカットラインを設定するような難しいことをする必要はありません。

まずは、過去の為替レート変動率から下限のロスカットラインを設定しておいて、そのラインまで耐えられる初期資金を入金しておくことです。自分でロスカットラインの設定が難しい場合は、レバレッジの倍率から初期資金を決めても良いでしょう。一般的にはレバレッジ3倍程度がスワップトレードを長期に渡って続けられる基準とされています。

判断が求められるのは、下限ライン付近までレートが下落したときに、追加入金をしてロスカットを回避するかそれとも手仕舞ってしまうかというシーンです。ファンダメンタルズ的な要素から今後回復の見込みがあれば、ロスカット回避の判断で良いでしょう。今後の見込みが分からず、自分のリスクコントロールの範囲を超えているのであればロスカットの判断もやむなしです。

長期に渡って安定した運用を目指すのであれば、スワップポイントを運用資金に回しレバレッジを徐々に下げていくことです。この運用方法であれば、時間が経てば経つほどロスカットの可能性は低くなり、いずれ100%ロスカットされない口座資金になります。

10年20年の長期保有を見越している人は、スワップポイントの積み立て運用も視野に入れておくと良いでしょう。

スワップポイントの変動と金利差逆転

スワップポイントは毎日変動するものですので、大きな変動があると収益に響いてきます。通常時はさほど気にする必要がないのですが、大変動によって金利差が逆転した場合はスワップポイントがプラスからマイナスに変わります。それはすなわち、スワップポイントを支払うことを意味します。言うまでもなく、こうなってしまえば運用はできなくなりますので、ポジションを手仕舞わなければなりません。

では、どのような場合にこのような事態になるのでしょうか。クロス円であれば、円安が異常に進行して日銀が低金利政策の転換をしたときか、相手通貨国のレートが急騰して中央銀行による政策金利の削減が施行されたときのどちらかになります。

ただ、いずれの場合も急激に起こる話ではなく必ず前兆がありますので、日ごろから政治経済のニュースを見ていれば問題なく対処できるでしょう。長期間口座すら確認していなくて、気付いたら金利が逆転していたというような事態は避けなければなりません。

現存するリスクの常時把握

高金利通貨は常にリスクと隣り合わせであることは認識しておかなければなりません。取り分け長期保有であれば価格変動もより大きなレベルで推移していきますので、ここに大きなリスクが顕在化するとあっという間に強制ロスカットされる事態も発生することでしょう。

急激な変動があった場合に、ロスカットするか追加資金の投入で回避するかは、常日頃のリスク管理ができていないと正常な判断が下せません。今後発生し得るリスクとそのリスクが顕在化した場合にどのようなアクションを取るかは、常にシミュレーションしておくようにしましょう。

まとめ

ここまで、スワップポイントを長期的に得ていくために必要なポイントについてご紹介してきました。

スワップとレートはポジション保有が前提ですので、ロスカットを回避していくことが重要になります。そのためには下記5つのポイントを重視すべきであることを解説しました。

  • リスクコントロールできる通貨ペアの選定
  • トレードスタイルに合ったFX業者の選定
  • 適切なレバレッジと資金管理
  • スワップポイントの変動と金利差逆転
  • 現存するリスクの常時把握

通常のFXトレードと比較するとポジション保有だけの簡単なトレードではあるのですが、これらのポイントは抑えておかなければ強制ロスカットのリスクは高まります。FXトレードの経験を積むという意味でも、ここでご紹介したことは軽視することなく心に留めておいていただければと思います。

今回の記事が、スワップ運用を長期継続していく助けとなれば幸いです。

インヴァスト証券「トライオートFX」

お役に立てばシェアしてくださいね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。