1. ホーム
  2. FX取引のコツ
  3. ≫FX初心者が確実に相場を読めるようになるチャートの見方とは?

FX初心者が確実に相場を読めるようになるチャートの見方とは?

FXのテクニカル分析において、チャートの見方をマスターすることは避けて通れない要素と言えます。

特に初心者の人は、チャートを正しく見ることからトレードの基礎を学んでいく必要があります。ここを疎かにせずトレードのためのベースを確立することで、相場をしっかり読んでいくことができるようになるでしょう。

チャートの見方が分かれば相場が読めるようになり、すなわちFXにおいて利益を得やすくなるのです。

この記事では、チャートの見方や注意すべきポイントを通して相場の読み方をご紹介していきます。チャートから相場を把握していく方法をきっちり理解したい人は是非参考にしてみてください。

\サラリーマン副業投資には自動売買がオススメ/
インヴァスト証券「トライオートFX」
※1,000通過対応&利用料無料

チャートの基本的な見方

FXのチャートは為替相場の値動きをグラフ化したもので、現在の相場を把握したり今後の相場がどのように動いていくかを予測するために用いられています。テクニカル分析では欠かすことができない最も重要なツールと言えるでしょう。

まずは、チャートの基本的な見方からご紹介していきます。画像はドル/円の日足チャートですが、全ての通貨ペアに対してこのようなチャートが存在します。

見方としては非常にシンプルで、縦軸が為替レート、横軸が時間を表しています。為替レートは上に行くほど値段が上昇していることを示し、時間は右に行くほど新しいことを示しています。

ローソク足と呼ばれる指標が連続して表示されることで、値動きを把握することができます。時間が経過することでレートが上下し、それにつれてローソク足の大きさや位置が変化しているのがお分かりいただけるでしょう。

ローソク足が大きければ値動きが大きいことを、小さければ値動きが小さいことになります。上に伸びているローソク足が連続すればレートの上昇を、逆に下に伸びているローソク足が連続すればレートの下降を表しているのです。これがチャートの基本的な見方になります。

ローソク足については下記記事で詳しくご紹介していますので、合わせて参考にしてみてください。

関連記事FX初心者が勝率アップする方法とは?まずはローソク足の基本パターンをマスター

チャートの実践的な見方

チャートは横軸の時間と縦軸のレートの組み合わせで構成されており、そこをローソク足が連続することで値動きの動向が把握できるようになっています。チャートをより実践的に捉えることができれば、相場の理解も容易になるでしょう。

そのために押さえておくべき重要なポイントを2つご紹介します。

時間足

チャートを理解する上で時間足の概念は必ず押さえておかなければなりません。長期の相場を捉えるのも短期の相場を捉えるのも、時間足の理解があってこそ成立するものです。

時間足は、一定時間ごとに区切られたローソク足によって様々な種類があり、それぞれに特徴やトレードへの使い方が違ってきます。たとえば、1分足であればローソク足の1本が1分で構成されており、日足であればローソク足1本が1日で構成されていることを表しています。

時間足は長いほど安定した動きをし、短いほどノイズが多く激しい動きになる傾向が強いと言えます。ですので、1分足~1時間足などの短い時間足はスキャルピングトレードやデイトレードなどの短期投資で使われることが多く、4時間足以上の長い時間足はスイングトレードやキャリートレードなどの長期投資に使われることが多いのです。

投資方法に合わせて時間足を使い分けることがトレードで利益を上げていく上では欠かせないテクニックとなります。詳しくは後述しますが、これらの時間足を組み合わせることでトレードの精度を高めていくこともできます。

トレンド

トレンドを把握することは、トレードの勝率を上げていく上でもチャートを理解する上でも非常に重要な要素です。取り分け初心者はトレンドを理解することが、トレードへ踏み出す第一歩であると言っても過言ではありません。

トレンドは相場の状況を端的に捉えるのに役立つもので、「上昇トレンド」「下降トレンド」「レンジ」の3つに大きく分類されます。ここでは、それぞれの特徴を簡単にご紹介します。

上昇トレンドは相場が上昇傾向にあることを意味し、直近安値と直近高値が連続して切り上げられている状態のことを指しています。逆に下降トレンドは相場が下降傾向にあることを意味し、直近安値と直近高値が連続して切り下げられている状態のことを指しています。

そして、上昇トレンドと下降トレンドは転換シグナルが出ない限りは継続することも合わせて知っておきましょう。これは有名な「ダウ理論」の1つです。

そしてレンジは上記のどちらでもなく、相場が停滞している状態を指します。FX相場はおよそ7割がレンジと言われており、この特徴を活かしたトレード方法も多く存在します。

また3つのトレンドにはそれぞれ代表的なトレード戦略があります。上昇トレンドでは一時的にレートが下がったところを狙う「押し目買い」、下降トレンドでは一時的にレートが上がったところを狙う「戻り売り」、レンジでは停滞ラインを突破したところを狙う「レンジブレイク」が代表的な手法となります。

初心者のうちは、この3パターンでのトレードを心掛けると上達も早くなるでしょう。

トレンドについては下記記事で詳しく解説していますので、合わせて参考にしてみてください。

関連記事ローソク足のトレンド手法はFXの要!初心者にも分かりやすく徹底解説!

時間足を組み合わせたチャートの見方

チャートはローソク足の時間足ごとにそれぞれ用意されています。単体でも相場をある程度把握することはできますが精度はそこまで高くありません。そこで、時間足を複数組み合わせてトレードの精度を上げていくことをおすすめします。

メイン足、上位足、下位足を選ぶ

チャートを組み合わせる方法はさほど難しいことはありません。まずは、メインの時間足と全体の相場状況を見るための上位足、エントリー精度を高めるための下位足を決めましょう。

デイトレードの例で言うと、メインの時間足は15分足~1時間足を目安にし、上位時間足はその5倍~10倍程度のものを選びます。ちなみに、上位足は2つ選ぶことをおすすめします。特に、スキャルピングトレードやデイトレードはメインで短い時間足を使うためノイズが多く入る傾向が強いです。

そのため、上位足を2つ使って相場全体の大きな流れを掴みやすくするとトレードを優位に進めることができるでしょう。そして、エントリーポイントの精度を上げるための下位足は1分足か5分足を選びます。

エントリーの仕方

メイン足でエントリーサインがあり、メイン足と上位足でトレンド方向が同じであれば、それがエントリーチャンスになります。その状態で、次に下位足でエントリータイミングを探りましょう。

下位足がメイン足・上位足と同じ方向へのトレンドを形成したタイミングでエントリーします。このタイミングでのエントリーであれば、かなり高い確率で利益を得ることができるでしょう。

ここまで完璧な条件を揃えるのはなかなか難しいですので、下位足のエントリータイミングの条件を緩くしたり、メイン足と上位足のトレンド要件を緩和するなどして、独自のエントリー方法を確立するのも一つの方法です。

たとえば、移動平均線(MA)を組み合わせてローソク足がMAよりも上にあるか下にあるかでトレンドの方向を決めるというやり方もよく知られています。ある程度相場を読み取れるようになれば、自分で方向感を決めていくことも検討していくと良いかもしれません。

ただし、トレードに慣れないうちは相場の大きな方向とエントリーする時間足の方向を極力一致させてトレードする方が勝率が安定しますし、相場を読む力も養っていくことができるでしょう。最初は相場の流れをしっかり把握したうえで、手堅いトレードをしていくことが上達への近道です。

まとめ

ここまで、チャートの見方や注意すべきポイントを通して相場の基本的な読み方をお伝えしてきました。

チャートの構造は非常にシンプルで初心者の人にも分かりやすいものであることがお分かりいただけたことと思います。また、チャートの時間足とトレンドと言う重要な概念を理解することが相場を把握する上で欠かせないこともご理解いただけたことでしょう。

チャートはシンプルですが、内容は実に多彩で奥深いものです。まずはトレンドの把握と時間足の組み合わせあたりから実践していくと、相場の把握やトレードそのものの取り組み方への理解が深まっていくかと思います。

慣れるまでは難しく感じるかもしれませんが、過去チャートなどを多く見ることで必ずコツが掴めるようになりますので、チャート理解から着実にレベルアップができるようにしましょう。

インヴァスト証券「トライオートFX」

お役に立てばシェアしてくださいね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。