1. ホーム
  2. FX取引のコツ
  3. ≫【画像付き】水平線を使ったエントリーをFX初心者にも分かりやすく解説

【画像付き】水平線を使ったエントリーをFX初心者にも分かりやすく解説

FXトレードにおいてチャートは必要不可欠な要素ですが、それ単体では取引基準を見出すことは困難です。他のテクニカル指標を組み合わせることで取引基準が明確となり、トレードを有利に進めることができるのです。

そして数あるテクニカル指標の中でも基本であり、且つ非常に効果の高いものが水平線と呼ばれるものです。これを的確に使い分けることができるようになるだけでも、トレードの成績は大きく変わってくるでしょう。

この記事では、FXチャートにおける水平線の特徴とその実践的な使い方をご紹介していきます。FXチャートでどのようなテクニカル指標を使えば良いか迷っている人や、簡単な指標を知りたい人などは是非参考にしてみてください。

\サラリーマン副業投資には自動売買がオススメ/
インヴァスト証券「トライオートFX」
※1,000通過対応&利用料無料

FXチャートの水平線とは

FXチャートで言う水平線とは、その名の通りチャート上に引かれた水平なラインのことを指しています。ラインを引くにあたって特別な決まりごとがあるわけではなく、ただ水平に線を引けば水平線となります。

ただし水平線には役割がありますので、やみくもにラインを引いても効果は発揮されません。相場はただランダムに動いているわけではなく、トレーダーたちの過去の行動や現在の感情などが幾重にも影響して形成されています。水平線はそのような背景を読み解くツールとして広く使われているのです。

水平線は多くのトレーダーが意識しているラインを知るのに非常に役立ちます。過去に何度も上昇を阻んだラインや複数の時間足で意識されているラインなどは注目度が高く、そのような水平線が自分で引けるようになるとトレードをかなり有利に進めていくことができます。

強い水平線を利用すればトレードの戦略が広がりますので、是非積極的に活用していくようにしましょう。

トレーダーの意識が強い水平線を探す

トレーダーの意識が強いポイントに水平線を引くことができれば、高い確率で利益を得ることができるでしょう。強い水平線は多くのトレーダーが注目しているラインですので、その兆候を見つけることができれば良いことになります。

まず、長い時間軸の方が水平線の注目度は上がる傾向にあります。これは市場参加者の意思が長い時間足ほど多く反映されるため、トレーダーの意識も必然的に高くなっていくためです。

また、チャートから読み解ける傾向としてよくあるパターンは、上昇を何度も阻止しているレジスタンスラインや下降を何度も支えているサポートラインです。画像の例では、何度も上昇を阻んでいることがお分かりいただけるかと思います。

これは、トレーダーたちが意識しているラインという証拠であり、ここをラインブレイクしたときに一気に値動きが激しくなることが多いのです。画像でも一気にレートが上昇していることが確認できるでしょう。

このように強い水平線が分かっていればトレード戦略が立てやすく、大きな利益を高い確率で得ていくことができるため、トレードに対する優位性を保てるのです。

水平線が機能しやすいレジサポライン

強い水平線はレジスタンスラインやサポートラインとしてしっかり機能していることが、チャートからもはっきり確認できたかと思います。

基本的にはこのラインを抜けた場合に、レートが大きく動くことが多いのですがエントリーの際には注意すべきポイントがあります。それは「ダマシ」と言う現象です。

先程の画像①ではヒゲのみが上抜けているのですが、その後大きな売り圧力に押されてレートが下降していることがお分かりいただけるかと思います。ラインブレイクした瞬間に飛び乗ると損失になっていた可能性もあるシーンです。

エントリー根拠を下位足で確認する

しかし、その後画像②では実体が力強く抜け大きく上昇しているのが見て取れます。このシーンではエントリーしてもダマシに遭う可能性は低いですが、大きな利益を取るのが難しいかもしれません。このような場合は下位足を使うとエントリーがし易いでしょう。

画像は1時間足ですが、下位の5分~15分足を確認してエントリーの根拠を探るのです。今回のように上昇局面で売り圧力に一度押し戻されるような場合は、その後買い勢力と売り勢力が拮抗する状態が続くことが多いですので、その動きを下位足で確認します。

その動きの中で、レジスタンスラインがサポートラインとして機能する瞬間を捉えることができれば、そこがエントリーポイントとなります。下位のローソク足が確定してサポートラインとして機能していることを確認できれば、精度の高いエントリーができるでしょう。

レジサポラインの転換

上記の例からも分かるようにレジスタンスラインとサポートラインはラインブレイクすると、その機能が転換することはしばしばあります。

画像はユーロ/円の1時間足ですが、何度も上昇を阻む強いレジスタンスラインであることが確認できるかと思います。しかし、一度ラインをきれいにブレイクした後は、サポートラインとして下降を阻止していることが見て取れます。

このように、強い水平線の場合はレジサポラインの機能が転換しその後の役割が明確になるため、トレードのシナリオを描きやすいという特徴を持っているのです。この特徴を掴むためには、チャートを数多く見てトレーダーたちの心理を把握していく必要があります。

相場の節目となる水平線を引くポイント

強い水平線が持つ威力は、ある程度ご理解いただけたかと思います。このような水平線を引くためには、多くのトレーダーが意識しているポイント、つまり相場の節目となるようなポイントを見つける必要があります。ここでは、価値ある水平線を引くためのポイントをご紹介していきます。

ここまでで何度かご説明した通り、まずは何度も上昇や下降を跳ね返しているラインを見つけることが重要になってきます。このようなポイントは多くのトレーダーが意識しているところであり、相場の転換点となることも多い傾向にあります。ここにラインを引くことができれば、水平線の機能が理解できていることになるでしょう。

また、トレンドの起点となった安値や高値の部分もトレーダーの注目度が高いラインと言えます。ここも節目となることが多いですので、水平線を引くべきポイントです。さらにダブルトップやダブルボトムなど典型的なチャートパターンを形成しているラインや、その根拠となるネックラインも押さえておきましょう。

上記のポイントを押さえつつ水平線を引く練習を繰り返せば、相場の節目が的確に把握できるようになるでしょう。節目では過去の注文に対する損切り注文や新規の注文が集中しやすいという特徴があり、相場が大きく動くことが多いのです。

このポイントを押さえることは相場全体の流れを押さえることであり、すなわちトレードの絶対的優位性を得ることでもあるのです。是非、相場の節目となる水平線をトレードで活用できるようになってください。

関連記事ローソク足のはらみ足はFXチャートで再頻出?全相場パターンでの対応方法を検証

まとめ

ここまで、FXチャートにおける水平線の特徴とその実践的な使い方をご紹介してきました。

水平線が相場の流れを読み解く上で重要なツールであることがお分かりいただけたことと思います。また、相場の節目となる水平線がトレードにおいて大きな威力を発揮してくれることもご理解いただけたことでしょう。

多くのトレーダーが意識しているラインを水平線として引くことができれば、相場の流れを容易に把握することができトレード戦略も明確にすることができます。また、大きな値動きがある予兆を事前に察知することも可能ですので、利益に直結するトレードが出来るようになります。

非常に有用なツールである水平線を積極的に活用して、脱初心者を目指しましょう。

インヴァスト証券「トライオートFX」

お役に立てばシェアしてくださいね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。