1. ホーム
  2. FX取引のコツ
  3. ≫FX初心者でも簡単に使えるチャートの先読み手法とは?

FX初心者でも簡単に使えるチャートの先読み手法とは?

FX初心者がトレードを始めたばかりの頃は、思うように相場が動かず損失ばかりが積み上がってしまうことがよくあるかもしれません。自分がエントリーしたと同時に逆方向に動いたり、損切りした瞬間に値が戻ったりなどは日常茶飯事ではないでしょうか。

このような経験を繰り返すうちに、「チャートや相場が先読みできれば良いのに」と考える人はかなり多くいらっしゃることと思います。そんな虫のいい話が果たしてあるのでしょうか。

この記事では、FX初心者の人でも比較的簡単に扱えるチャートの先読み方法をご紹介していきたいと思います。FXの勝ちパターンがなかなか見つからない人は是非参考にしてみてください。

スポンサードリンク

先読み手法とは?

FXで言うところの先読み手法は、相場の展開やチャートの流れを読み取って今後の値動きを予測する手法の総称を指しています。FX会社が提供している各種ツールには、名称に「先読み」とついているものが多く存在しておりFX初心者にも人気のある手法として認知されています。

FXのテクニカル分析において重要なのは、チャートの動きから相場感やトレーダーの心理などを分析して現在の状況を把握し、それを未来の値動きに当てはめていくことです。

相場が反転するタイミングや逆にトレンドが続く状況などを見極め、トレードのシナリオを構築しエントリーをします。

シナリオ通りに進めば今度は利益確定のタイミングを見極める必要がありますし、シナリオと反対の動きになればあらかじめ決めたポイントで損切りをする判断にも迫られるでしょう。

FXで勝ち続けていくためには、このようにいくつもの判断を的確にタイミングを見極めて下していく必要があり、ある程度の経験値と恐怖や欲望に打ち勝つメンタルの強さが求められます。

また、これらはトレードを続けていく中で徐々に培われていくものであり、一朝一夕で成果が表れるものではありません。

本来であれば正攻法で実力を身に付けていくのが望ましいのですが、時間がかかる上に成長が見えにくいこともあって途中で挫折してしまう初心者が多いのも事実です。

そのような場合にFXトレードで勝つ感覚を培っていくためのツールとして、チャートの先読み手法を使ってみるのは一つの解決策と言えるでしょう。

FXを始めてみたはいいが中々成果が上がっていない人は、FXの楽しさやトレードのコツを実感してみるという意味でも試してみる価値のある手法です。

ヒロセ通商の「さきよみLIONチャート」

ここでは、初心者の人でもとっつきやすい手法として人気のある先読みツールをご紹介していきたいと思います。ヒロセ通商が提供している「さきよみLIONチャート」は使いやすさと精度の高さで幅広い支持を得ているため、FX初心者にもおすすめのツールです。

ヒロセ通商

ヒロセ通商は、2013~2015年度までFX取引部門の第1位に輝いた実績のあるFX会社で、特に約定率の高さと約定のスピードには定評があります。約定スピードは最速0.001秒という速さで、成り行き注文の高い約定率を支えています。

JASDAQ上場企業のため信頼性が高く、平日24時間電話対応可能という手厚いサポートもあり安心してトレード出来る環境が整っていると言えるでしょう。

豊富な注文機能とチャート機能を有しており、特にチャートは多機能でありながらも見やすく初心者の人でも操作に迷うことが少ない非常に使いやすいデザインになっています。

ヒロセ通商の公式サイトはこちら

さきよみLIONチャート

画像はお試し版の米ドル/円の日足チャートです。さきよみLIONチャートは、上部の「さきよみチャート」と下部の「近似チャート」から成り立っています。「さきよみチャート」は左から現在・直近・未来の3つがあり、色分けでそれぞれ区別されているのがお分かりいただけるでしょう。

「近似チャート」は、直近のチャートの値動きと似たものを過去チャートから抽出して一致率の高いもの上位3つを表示する仕組みになっています。この3つの「近似チャート」が「さきよみチャート」の未来部分に表示され、未来の値動きが予想できるようになっているのです。

過去の信頼度の高いチャートを未来予測に使えるため、トレードのエントリー判断に使うにはもってこいのツールと言えるでしょう。第1~第3近似の方向性が同じならエントリーするなど、ツールを使いながら判断基準を決めていけば、より精度の高いトレードをしていくことができるかもしれませんね。

シグナルパネル

さきよみLIONチャートには「シグナルパネル」というチャートも用意されています。これは、移動平均線やボリンジャーバンドなどのトレンド系指標、ストキャスティクスやRSIなどのオシレーター系指標計7つのテクニカル指標を組み合わせて売買シグナルを教えてくれるツールです。

画像を見て頂くとお分かりのように、左側で7種のテクニカル指標ごとに方向感が一目瞭然で把握できるようになっており、この総合判断を基にして右側のチャートでシグナルが売りと買いの矢印で分かりやすく表示されています。

テクニカル指標は単体の判断でエントリーするのはリスクが高いため、複数の指標で同じ方向感を示しているものがあればある程度のリスクヘッジになります。

こちらも精度の高いエントリー判断をするのであれば、トレンド系指標が2つ以上、オシレーター系指標が2つ以上同じ方向感を示した場合で且つシグナルが点灯した時にエントリーするなど、ツールを利用しながらシナリオを決めていくのが良いでしょう。

また、ローソク足が4つ(5分足・1時間足・日足・週足)用意されていますので、複数時間足を組み合わせてさらに精度を高めたトレードに挑戦してみるのもレベルアップには必要だと思います。

スマホでも確認可能

上記でご紹介した「さきよみチャート」と「シグナルパネル」はスマホ(Android, iPhoneともに)でも確認することができます。外出先など場所を選ぶことなく気軽に確認できるのもうれしいところですが、シグナルが発生するとプッシュ通知までしてくれるのです。

これで、いつでもどこでも適切なエントリータイミングでトレードができるようになります。

また、スマホ画面でも見やすさを損なうことなく情報が分かりやすいデザイン性が保たれているので、ストレスなくトレードを楽しむことができるでしょう。

まとめ

ここまで、FX初心者の人でも比較的簡単に扱えるチャートの先読み方法をご紹介してきました。

先読み手法は、トレードに限界を感じているFX初心者が比較的容易にトレードレベルを上げられる手法であることがお分かりいただけたことでしょう。

また、ツールを単純に鵜呑みにするのではなく、判断基準を工夫することでトレードスキルを上積みしていくことができることもご理解いただけたことと思います。

今回ご紹介したヒロセ通商の「さきよみLIONチャート」は、デザイン性が高くて見やすく操作がしやすいためFX初心者でも所見からトレードのしやすいツールとなっています。もちろん先読みの機能も精度の高いものですので、使いこなしていけば利益を得ていくことも十分に可能です。

本文でも触れたようにツールを使っていく中で、自分のトレード手法にあった判断基準やエントリー方法を組み合わせていくことで、よりレベルの高いトレードをしていくことができるはずです。

是非トライ&エラーを繰り返しながら、ツールを使いこなせるようになって頂ければと思います。

スポンサードリンク

お役に立てばシェアしてくださいね。

2017年のオススメFX口座3選

取引口座数が50万口座を突破!
FXneo(FXネオ)
5
運営会社 GMOクリック証券株式会社
特徴 資産保有残高と取引量が世界一
スプレッド 0.3銭(USD/JPY)
サポート あり
スマホ取引 人気の「iClickFXneo」
FXneo(FXネオ)

GMOクリック証券のFXネオは、業界最狭のスプレッド(取引コストが低い)により、デイトレーダーやスイングトレーダーはもちろん、ポジショントレード戦略(長期保有)の方まで、幅広いユーザーに利用されている人気口座

iPhoneやAndroidでも使いやすい取引ツール「FXネオ」が使えるのが人気で、スマートフォンで取引する方には強い武器になるでしょう。

また、待望のトルコリラ/円の追加やユーロ/円をはじめとする11通貨ペアのスプレッド縮小が実施されるなど、サービス内容も日々改善されたことから、2017年9月に取引口座数が50万口座を突破!

口座開設&取引で30,000円キャッシュバック

GMOクリック証券の口座開設はこちら

DMMFX
ユーザー数が日本1のFX口座
DMMFX
4
運営会社 株式会社DMM.com証券
特徴 FX口座数日本一&50万口座
スプレッド 0.3銭(USD/JPY)
サポート あり
スマホ取引 DMMFXアプリ

DMM FXは、日本で一番多くのFX投資家が口座開設しているFX口座です。私もFX初心者の頃から使い続けている口座です。

スプレッド(手数料)が狭いのはもちろんのこと、スマートフォン取引でも使い勝手がいいツールが充実していて、初心者からベテラントレーダーまで幅広い層に使われています。

取引上の不安やトラブルにも対応するサポート体制も充実しているので、1番最初に開設する口座として安心できる口座と言えます。

今なら口座開設&取引で20,000円キャッシュバック

DMMFXの公式サイトはこちら

トライオートFX
毎日のチャート分析から解放される!
トライオートFX
3.5
運営会社 インヴァスト証券
特徴 裁量取引と自動取引が融合
スプレッド 0.3銭(USD/JPY)
サポート あり
スマホ取引 使い易いツールが充実

インヴァスト証券のトライオートFXは、裁量取引でもなく、自動取引でもありません。両方のメリットを受けた新しい取引ツールで、近年注目のFX口座です。

さらに、2017年7月にスタートした「マネーハッチ」というサービスを併用すると、FXを取引するだけで得られるポイントが投資資金に積み立てられたり、生活資金として使用したクレジットカードのポイントも投資資金に積立されるなど、とてもお得なオプションが充実しています。

もちろん、スプレッド(手数料)が狭いので、FX初心者から中級者、ベテラントレーダーまで幅広い方に人気があります。

今なら口座開設10,000円キャッシュバック

トライオートFXの公式サイトはこちら

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。