1. ホーム
  2. FX取引のコツ
  3. ≫FXチャートが有効に使える移動平均線などのおすすめ設定を徹底解説

FXチャートが有効に使える移動平均線などのおすすめ設定を徹底解説

FXチャートには種々様々なテクニカル指標があり、相場分析に大きな威力を発揮します。これらを上手く使いこなせるようになれば、トレードにおいて大きな武器となるのは誰しもが納得するところでしょう。

しかし、テクニカル指標は種類が多く用途も様々で相場に応じた分析が必要です。また、指標や局面によって適切な設定値を保つ必要もあるため、FX初心者にとってはハードルが高く感じられるシーンも多々あることでしょう。

少々複雑で難解なイメージのあるテクニカル指標をFXチャート上で上手く使いこなすにはどうすれば良いのでしょうか。設定値の観点から考察をしてみたいと思います。

この記事では、FX初心者の人がチャートを有効に使うためのおすすめ設定をご紹介していきたいと思います。チャートも指標もある程度理解したつもりだけど、効果的な設定方法が分からないという人は是非参考にしてみてください。

FXチャートとテクニカル指標の関係性

設定の前にFXチャートとテクニカル指標にはどのような関係性があるのかを考えてみましょう。

FXチャートは為替の過去のレートの動きから現在の相場状況を把握分析し、今後の値動きを予測するためのツールです。テクニカル分析の要でありなくてはならないものです。

そして、テクニカル指標はFXチャート上に表示させて相場分析の精度をより高めるためのツールとして用いられます。テクニカル指標は、順張りでよく使われる「トレンド系テクニカル指標」と逆張りでよく使われる「オシレーター系テクニカル指標」の2タイプが存在します。

トレンド系テクニカル指標

相場の大きな流れを捉えたい場合に使われるテクニカル指標で、一般的には中長期の相場分析と相性が良いと考えられています。代表的な指標に、「移動平均線」や「ボリンジャーバンド」などがあります。

一時的な相場のノイズや変動を気にせず、大きなトレンドを重視してトレードをすることで利益を上げやすい指標と言えるでしょう。

オシレーター系指標

「振り子」を意味するオシレーターの名前の通り、一定の範囲を行ったり来たりするため主にレンジ相場に威力を発揮するテクニカル指標です。「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」などの相場の過熱感を察知し、適正な相場状況を数値で表してくれます。

「RSI」や「MACD」などが代表的な指標として知られています。短期、中長期ほぼ全ての時間軸で活躍できる指標ですが、売買シグナルに素早く柔軟に対応できることから主に短期のレンジ相場で好んで使われています。

このように、テクニカル指標はチャートの値動きと組み合わせることで場面ごとに優れた能力を発揮します。そして、その能力は設定値を適切に設定することでさらに向上するのです。

テクニカル指標における設定値の重要性

チャート上でのテクニカル指標の威力は前見出しでご紹介した通りです。指標の能力を最大限に高めるためには、設定値が相場状況にマッチしたものでなければなりません。

ここでは、トレンド系指標の代表「移動平均線」とオシレーター系指標の代表「RSI」の設定値についてご紹介していきます。

移動平均線の設定値

移動平均線は一定期間内での終値の平均値を計算しその値を結んだ指標のことです。5日の場合は4日前~当日の終値を、25日であれば24日前~当日の終値をそれぞれ平均化した値が移動平均値ということになります。

移動平均線は為替レートの値動きを平均化したものですので、両者の位置関係から現在の相場観を判断することができます。為替レートが平均線より上の位置にあると強含みの相場観、下の位置であれば弱含みの相場観を意味します。

為替レートと移動平均線が乖離していれば為替レートは平均線の方に近づいていく傾向があります。

そのため、この移動平均線の特性を活かすためにそれぞれの時間軸にあった設定値でなければなりません。そうでないと移動平均線と為替レートの関係性が適切に反映されないからです。

基本的には他のトレーダーが意識している値を設定するのが望ましいでしょう。日足であれば5・25・75・200日線、月足であれば、12・24・60・120 月線あたりが有名な設定値です。

画像は米ドル/円の日足チャートで、移動平均線を3本表示しています。ライトグリーンが5日線、オレンジが25日線、ブルーが75日線です。多くが5日線に沿った形で値動きが推移しているのがお分かりいただけるでしょう。

25日線と大きな乖離があるとレートが徐々に引き寄せられているのも確認できるかと思います。

また、5日線が25日線・75日線を下から上に抜けるゴールデンクロス(画像①)ではレートが上昇していることを、5日線が25日線・75日線を上から下に抜けるデッドクロス(画像②)ではレートが下降していることをそれぞれ確認できるでしょう。

設定値が適切であれば、このようにトレンドの乗ったトレードで利益を積み上げることができるのです。

RSIの設定値

RSIはオシレーター系指標の中では非常にポピュラーな指標で、FX初心者にも好まれて用いられています。相場の過熱感を捉え値幅が適切かどうかを値として示すことでトレンドの転換点を教えてくれるテクニカル指標です。

RSIが50%を上回ると値上がり幅が大きいことから「上昇相場」、50%を下回ると値下がり幅が大きいことから「下降相場」と判断することになります。そして、注目すべきポイントは現在の相場が適正なのかどうかを判断する閾値です。

RSIが70~80%を上回った場合は「買われ過ぎ」とみなし売りへの転換シグナルと捉え、20~30%を下回った場合は「売られ過ぎ」とみなし買いへの転換シグナルと捉えます。

これらのシグナルをトレンドの転換点と捉え逆張りを仕掛けていくのが基本戦略となるのです。

期間設定は日足の場合、短期RSIを9日、中期RSIを14日とするのが一般的です。この2つのシグナルをバランスよく使い分けるのが精度の高いトレードをするコツになります。短期・中期RSIがともに転換シグナルを出したときにエントリーするなど工夫すると良いでしょう。

注意点として強いトレンドが発生しているときは、RSIが100%や0%近辺に居座ってツールの意味を成さなくなります。そうならないように、他のテクニカル指標と一緒に使ってこそ威力を発揮するということも覚えておきましょう。

使い勝手の良いのはレンジ相場の転換点ですので、RSIを用いる際は相場の見極めを常に怠らないようにする必要があります。

テクニカル指標のおすすめ設定

FX初心者のおすすめ設定ですが、移動平均線を複数時間足に表示させる方法が良いでしょう。時間軸はそれぞれ好みのトレードスタイルがあると思いますので一概には言えませんが、1時間足・4時間足・日足で方向感を決め、5分足・15分足でエントリー判断をするのがおすすめです

設定値ですが、全時間軸共通で5MA・25MAとします。方向感は1時間足・4時間足・日足の2つ以上の時間軸で、5MA・25MAよりレートが上であれば上昇相場、下であれば下降相場と判断します。

そして、5分足か15分足どちらかでレートが5MAを上抜けるか下抜ければエントリーしましょう。つまり、上昇相場でレートが5MAを上抜けた瞬間、下降相場でレートが5MAを下抜けた瞬間がエントリーチャンスということになります。

トレンド発生中の押し目買いと戻り売りを、複数時間軸でレートの移動平均線抜けで判断するシンプルな戦略ですので初心者の人でも実行しやすいと思います。これにボリンジャーバンドやRSIなどを加えて判断精度を高めると、結果がついてきやすいでしょう。

まずは複数時間軸で移動平均線を使いこなせるようになるところから始めましょう。これだけでもトレードの幅が広がってくるはずですので。

まとめ

ここまで、FX初心者の人がチャートを有効に使うためのおすすめ設定をご紹介してきました。

テクニカル指標はFXチャートと深い相関性があり、トレードの精度を大きく高めてくれるものであることがお分かりいただけたことでしょう。また、テクニカル指標は設定値を適切に保つことでその能力が高まることもご理解いただけたことと思います。

テクニカル指標の中でも移動平均線は使っているトレーダーが非常に多く、これが十分に使いこなせるだけでも大きな利益を上げることができます。複数時間軸でこの平均線をしっかり使えるようになりましょう。これがマスターできるだけでも初心者を脱したことになると思います。

次のステップとしてRSIなど他のテクニカル指標を組み合わせるとさらにレベルアップが望めます。注意すべきは、多くの指標を使うことに躍起になると判断基準がぶれるということです。使いこなせる指標を絞って組み合わせることで、質の高いトレードができるようになるでしょう。

焦らずひとつづつ段階を踏んで、初心者の壁を突破できるようにがんばりましょう。

お役に立てばシェアしてくださいね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。