1. ホーム
  2. FX取引のコツ
  3. ≫FXチャートでトレンドの転換点を見つけるたった2つの方法とは?

FXチャートでトレンドの転換点を見つけるたった2つの方法とは?

FXのテクニカル分析において、トレンドの転換点を見つけることは、トレードを有利に進める上では非常に重要なテクニックの一つです。

なぜならこのテクニックを習得しておけば、エントリーポイントも決済ポイントも自在に見極めることができるからです。

とは言え相場の転換点を見誤れば大きな損失に結びつくリスクもあり、中途半端な手法では返ってトレードを危険にさらしてしまいます。そうならないように相場に適した手法を抑えておく必要があるのです。

しかし、トレンドの転換点を見分けていくのは、初心者にはハードルが高そうな印象がありますが果たして可能なのでしょうか。そのシンプルな手法を探っていきたいと思います。

この記事では、FX初心者の人でもトレンド転換点を見つけやすい2つの手法をご紹介していきます。エントリーポイントが見つけにくい人も決済ポイントが分からず利益を取り逃がしてしまいがちな人も、参考にしていただければ幸いです。

\サラリーマン副業投資には自動売買がオススメ/
インヴァスト証券「トライオートFX」
※1,000通過対応&利用料無料

FXチャートでトレンドを見つける簡単な方法

FXチャートでトレンド転換点を見極めるためには、言うまでもなくトレンドが理解できていなければなりません。と言うことで、チャートでトレンドを見つけるための簡単な手法についてまずはご紹介しておきます。

トレンドは相場が動いている方向性が一致しているときに表れる現象のことで、上昇傾向にある場合は「アップトレンド」、下降傾向にある場合は「ダウントレンド」と呼ばれます。

トレンドを確認する方法は非常にシンプルです。「トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する」というダウ理論を、チャートにそのまま適用すれば良いでしょう。

そして、ダウ理論ではアップトレンドが「直近高値と直近安値が切り上がり続けている」状態のことを意味し、ダウントレンドが「直近高値と直近安値が切り下がり続けている」状態のことを意味しています。画像を見ていただければイメージがつかめるかと思います。

このルールに当てはまらないチャートは、トレンド発生状態ではありません。FX初心者の人はレートが上がっているだけでトレンドと判断してしまいがちですが、この点には注意が必要です。

上記の方法論をチャートに当てはめれば、これまで何となく分かったような気になっていたトレンドが、明確なルールの下で判断できるようになるでしょう。

FXチャートのトレンドについては、画像付きで下記記事でもご紹介しておりますので参考にしてみてください。

>>ローソク足のトレンド手法はFXの要!初心者にも分かりやすく徹底解説!

その①レジサポラインのブレイクアウトで転換点を見極める

トレンドの見分け方が理解できたところで、本題のトレンド転換点の見極め方を解説していきたいと思います。

まずは一つ目のレジスタンスライン/サポートラインにおけるブレイクアウトで見極める方法です。

ブレイクアウトは利益を大きく取る方法でも繰り返し紹介されてきましたが、その理由はこれまでのトレンドの転換点となって新しいトレンドの起点となる可能性が高いポイントだからです。

よって、この転換点をいち早く捉えることができれば、その分利益幅も大きくなるのです。

レジスタンスラインとサポートラインは多くのトレーダーによって意識されているため、何度もライン付近で跳ね返されます。

しかし、明確にラインを抜けると今度はそれをきっかけに大きくレートが動くことが往々にしてあります。これがブレイクアウトと呼ばれる現象です。

画像では、前半にラインを割り込んだ後レジスタンスラインとして何度も跳ね返されているのが確認できるかと思います。そして後半にラインを上抜けると一度押し目を作った後に大きくブレイクしているのが見て取れるでしょう。

ブレイクが発生するのは何故か

注目すべきは、レジスタンスラインとして機能していたラインがブレイクされると、今度はサポートラインとしての機能に変わるということです。これがチャートの転換点と呼ばれる所以です。

なぜこのような事象が発生するのかは、トレーダーの心理を考えるとよく分かります。多くのトレーダーによって注目されているラインでは、売り買いの攻防が激しく多くの注文が集まっています。

さらにライン手前のレートは、利益確定注文や新規注文が集まりやすく売買が活発に行われ均衡が保たれています。

しかし、このラインの均衡が破れてブレイクされると今度はラインを超えて置かれていた大量の損切注文と新規注文を巻き込んで一気に大きな値動きとなります。

第一波で突き抜けることもあれば、押し目(または戻り)の第二波、第三波で突き抜けることもありますが、いずれにしても相場の転換点となって大きな値動きとなるのです。このようなチャートは何度もご覧になったことがあるでしょう。

レジスタンスラインが機能している間は売り注文が中心に集まり、ブレイク後にサポートラインとしての機能に転換されると、買い注文が新規と損切を巻き込みつつ大量に発注されるのです。

チャート上のこの転換点は、トレードを優位に進める上で必ず押さえておくべきポイントですので、過去チャートを多く研究して相場の見極めに役立てられるようにしておきましょう。

レジスタンスライン/サポートライン、ブレイクアウトについては、下記記事でもご紹介しておりますので参考にしてみてください。

>>FX初心者にオススメ!ローソク足だけを見る簡単デイトレ手法とは?

>>FX初心者が勝率アップする方法とは?まずはローソク足の基本パターンをマスター

1・2・3パターンで転換点を見極める

トレンド転換点の見極め方2つ目の方法は、1・2・3パターンと呼ばれる手法です。

こちらもチャートからトレンド転換を捉える手法として、よく用いられます。

画像は下降トレンドから上昇トレンドへの転換を表したものとなっています。前半の下降トレンドが中盤あたりから徐々に上昇トレンドへと転じています。

一度目の高値切り上げ(画像①)、その後レートを下げますが安値を切り上げて(画像②)再び上昇し、二度目の高値切り上げ(画像③)が発生。この時点で短期的には上昇トレンドに転換したと考えられます。

よって、次は押し目を待って買いでエントリーする戦略が立てられます。

この一連の①②③のパターンを認識して押し目でエントリーするのが1・2・3パターンの手法です。下降トレンドでも考え方は同じで、上昇トレンド後に、①安値切り下げ、②高値切り下げ、③安値切り下げ後に戻り売りを仕掛ければ良いのです。

チャートからトレンド転換点を見つけるシンプルな手法ですので、初心者の方でも比較的簡単にマスターすることができるでしょう。上位時間軸との組み合わせなどでより精度の高いエントリーも可能ですので、ぜひ試してみてください。

まとめ

ここまで、FX初心者の人でもトレンド転換点を見つけやすい2つの手法をご紹介してきました。

チャートからトレンドの転換点を見極めるための前段階として、まずはトレンドの定義をお伝えしました。そして転換点を見つける容易な方法として、ブレイクアウト手法、1・2・3パターン手法をご紹介しました。

レジスタンスラインとサポートラインはトレードの基礎的な部分ですので、ブレイクアウトはそれを少し応用したにすぎません。ラインをブレイクすると大きなエントリーチャンスになることが多々ありますので、見逃さないようにしましょう。

1・2・3パターンについても、ダウ理論がしっかり理解できていれば使いこなすのは苦にならないでしょう。相場の転換点としてチャートでは頻出するパターンですので必ずマスターしておくことをおすすめします。

チャートから相場の転換点を把握することは、トレードにおいて高勝率を叩き出す大前提となります。本記事の手法を有効に活用していただければ幸いです。

インヴァスト証券「トライオートFX」

お役に立てばシェアしてくださいね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。