1. ホーム
  2. FX取引手法解説
  3. ≫デイトレードで稼ぐために確認したい4つのオシレーターとその具体的な使い方

デイトレードで稼ぐために確認したい4つのオシレーターとその具体的な使い方

「デイトレードでオシレーターは使えないの?」

「だって後付でしょ、オシレーターって!」

これは賛否両論あるところですが、半分本当で半分違うと思っています。後付だから使えないと断言はできないです。わたしは実際にスキャルピングをするときは、オシレーターを使って稼いでいます。

今回は具体的にオシレーターをどう使えば利益につながりやすいのか、その説明後にオシレーターの種類、おすすめのオシレーターなどをご紹介します。

オシレーターをデイトレードで具体的にどう使えば良いのか?

ポジションを取るまでにどんな判断が必要なのか?

ポジションをとるのに、少なくとも3つの判断をされることをおすすめします。もちろんこれ以上されていても問題ありません。

  1. 方向性を探る 売りなのか?買いなのか?
  2. 現在の状態は 数量として売りと買いどちらかに偏っているか?
  3. 注文執行判断 なにをきっかけにするのか?

特に短期トレードにおいては、これらのどれもが大切です。数pipsの差でも積み重なると大きいものとなりますので、偏りを見ることは大切だと感じています。

テクニカルインジケーターを一切使いたくないという方も多いでしょうが、特にFX初心者にとっては非常に視覚的にわかりやすいものです。波をみればわかるかもしれませんが、FX初心者の方にチャネルラインが引けるかというと、難しいのではないかと思います。

方向性を探ること(環境認識)とオシレーター

これからポジションをとる方向が売りなのか買いなのかを決めるために、オシレーターを使うのはあまりおすすめしていません。

例えば、現在売られすぎの状態だったとします。では「買いだな」と判断したらそれは危険な場合があります。

この日は下落し続けた日でしたが、オシレーターは売られすぎと示しています。薄い緑枠の部分は、方向性の判断にオシレーターを使うなら「買い」となってしまう箇所です。ここでずっと買いを入れていたら、ほとんどのトレーダーは負けてしまいます。

やっと紫の矢印部分で「売り」になりました。このようにわかりやすいトレンドが出た場合に真逆の方向を示してしまうため、これがオシレーターを「方向性の判断」に使うことをおすすめしない理由なのです。

現在の状態(偏り)とオシレーター

上の画像は、ポンド円の1分足チャートです。紫色の部分で買いは陽線が確定してから、売りは陰線が確定してからエントリーとなりますが、ここでは現在の状態が売りと買いのどちらに偏っているかの目安としてオシレーターを使っています。

もちろんオシレーターがどちらかのピークを示す前にどんどん上がって行ったり下がって行ったりすることがもちろんありますが、あえて進みすぎたところでポジションをとらずに、比較的安全な場所でポジションを取りましょうというものでその目安になります。

スキャルピングや短時間デイトレードの場合は、少し戻ったところでポジションをとるというイメージをもっておくほうが良いと思います。

トリガー(注文執行判断の引き金)とオシレーター

さきほどの上の画像で、もしもオシレーターが上向きになってからエントリーというトリガーならどうでしょうか?多少、タイミングが遅くなると思います。良いタイミングでの仕掛けを希望するならば、オシレーターはトリガーとして使わないほうが良いです。

なぜなら、オシレーターは値動きのあとからついてくるものだからです。ですのでトリガーとするのは、あくまでローソク足などの値動きとしたほうが良いでしょう。

例として、オシレーターがピークを示しているところでローソク足のパターン(包み足など)がでた場合などがあげられます。ピンバーなどの出現でも良いです。

早めのエントリーがもたらす利点は、ストップまでの距離と近いため、思惑と違ってもすぐに逃げられるということです。また逃げ遅れても傷が浅く済みます。結果的にリスク利ワード比も良くなります。勝率重視といっても、損小利大に近いトレードができます。

もし反転をしっかり確認してからエントリーすると勝率は多少良いかもしれませんが、ストップまでの距離が遠くなるため、結果的に不利になってしまう可能性があります。

デイトレードで使う主なオシレーターの種類

ストキャスティクス

ストキャスティクスは、過去における高値安値に対してその足の終値がどのような位置にあるかを数値化したものになります。

細かい数式などは示しませんが、上の画像の下から4番目がストキャスティクスの中でもスローストキャスティクスというものです。

数値の20%に達すると売られすぎ、80%に達すると買われすぎとする方が多いです。しかしこれはトレンドレスな状態での話となりますので、トレンド状態でこれらを判断すると危険なトレードになる場合もあります。

RSI

RSI(Relative Strength Index)は、ある期間内の値動きの強弱を表したものです。上の画像の下から3番目がRSIです。

一般的にはRSIが30%以下で売られすぎ、70%で買われすぎと判断されます。50%から上が買いサイン、50%から下が売りサインだととらえる場合もありますが、基本的には値動きの強弱の指標として使っているトレーダーのほうが多いです。

RCI

RCI(Rank Correlation Index)は、時間と価格それぞれに順位をつけ、それらがどれだけの相関関係があるのかを計算します。相場のトレンドとその勢い、過熱感を知ることができます。

RCIが-100%に向かっていれば下降トレンド、+100%に向かっていれば上昇トレンドとみます。-80%または-90%で売られすぎ、+80%または+90%で買われすぎと判断します。

期間の異なる3つのRCIを同時に表示させて長期トレンド、中期トレンド、短期トレンドを判断するトレーダーも多いです。画像では下から2番目の3本線のものがRCIになります。

RCIは明確なトレンドが出ると、上昇トレンドなら+100%付近で、下降トレンドなら-100%付近でベッタリとはりついてしまう特徴があるため、逆張りとして使う場合は、値動きなどの他のエントリーサインも併用してください。

CCI

CCI(Commodity Channel Index)は、元々商品相場で使われていたテクニカルインジケーターになります。商品相場だけではなくFXで使っているトレーダーも存在します。

CCIは画像でいえば一番下のものです。基本的には、CCIが+100%を超えたら売り、-100%を下回ったら買いのサインとなります。

トレードチャンスは激減するかもしれませんが、個人的には+200%で売り狙い、-200%で買い狙いとみたほうが良いのではないかと思っています。上のチャート画像には、±200%のラインも入れています。

デイトレードでおすすめのオシレーターは?

オシレーターを数種比較してみました(チャート画像あり)

さきほど紹介しました4種のオシレーターを重ねて表示してみました。少し違う動きをしている濃い青線と濃い緑線はRCIの中期線と長期線です。

この4種の動きを比べてみていかがでしょうか?全く同じではないものの、かなり近い動きをしていることがわかります。

比較した結果…おすすめはのオシレーターは?

比較してみた結果、ここで紹介したオシレーターに限らずオシレーターは似通った動きをしています。過去の値動きから算出しているため、この結果になってしまうのです。

おすすめのオシレーターは「自分が見やすいもの」になります。わたしはスキャルピングや短時間デイトレードに限ってスローストキャスティクスを使用しています。理由はただ視覚的な好みと過去チャートの検証結果から良い結果がでているというだけです。

デイトレードにおけるオシレーター まとめ

オシレーターはポジションをとる際の「方向性の判断」「現在の偏り」「注文のトリガー」のうち、「現在の偏り」を見ることに使用したほうが良いです。

オシレーター以外で方向性の判断をし、現在の偏りをオシレーターでみて、ローソク足の動きでポジションをとります。

これにより、早い仕掛けが可能となります。早くにエントリーできるので、間違った場合でも早く逃げることができ、ストップまでの距離が近いことから結果的に「損小利大型」トレードも可能となります。

スキャルピングや短時間デイトレードは仕掛けがうまくいけば大抵なんとかなります。良いタイミングで仕掛けをするためにも、オシレーターを活用してみてはいかがでしょうか?

もちろん、チャネルラインが引けてそれで偏りが判断できる方は、無理にオシレーターを使わなくても問題ありません。

関連記事

下のリンクにデイトレードに関して投稿した記事を全てまとめました。基礎知識や投資のコツはもちろんの事、当サイト管理人の成績公開記事もありますので、ぜひ参考にしてください。

FX初心者必見!デイトレードの始め方と取引のコツやタイミングを大公開

お役に立てばシェアしてくださいね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。