1. ホーム
  2. FX取引手法解説
  3. ≫デイトレードで稼ぐために一番オススメのインジケーターはどれ?

デイトレードで稼ぐために一番オススメのインジケーターはどれ?

デイトレードで「勝つ方法」というよりも「稼ぐ方法」は山のようにあります。

なのになぜほとんどの一般トレーダーは勝てない(厳密には稼げない)のでしょうか?

それはインジケーターが悪いのではないです。手法が悪いというのも少し違います。では「自分が悪い?」というのもほとんどの人の場合は違うと思います。

稼ぐ方法を知らない、教えてもらっていない、教えてもらったけれど実行していない。このうちのどれかの可能性が高いです。

「そんなことより!どのインジケーターを使えば稼ぐことができるのか教えてよ!」そんな疑問に今回もしっかりとお答えしていきます。

デイトレードで稼ぐためのインジケーターは存在する?

魔法のインジケーターを教えます!?

当サイトオリジナル手法をリスク管理などを含めたトレードルールとして、FX初心者の方に実践してもらった結果、資金が短期間で倍になり大変驚かれたことがあります。

「魔法のインジケーターでもあるのでは??」と思われた方は少々危険です。そんなものは存在しません。

FX初心者必見!デイトレードの始め方と取引のコツやタイミングを大公開」にある記事で、当サイトオリジナル手法を公開しているので、既にご覧になっていただいた方もいるかもしれませんが、その手法はかなり普通すぎる手法です。

使っているインジケーターも普通、インジケーターの組み合わせも普通、リスク管理も普通です。「よくこんなので勝てるよね?」というレベルかもしれません。

魔法のインジケーターがなかったからと、がっかりしないでください。ここからが本題になります。魔法でなくても稼ぐことは可能です。

約9割のトレーダーが稼ぐことができない理由

「インジケーターを使っているから勝てないんだよ」と断言する方もいらっしゃいますが、インジケーターは使い方次第で稼ぐことは十分に可能です。

安定して稼ぐためには、然るべき「武器」を使用し、然るべき「防具」を身につけるべきです。そして敵に勝つための「戦略」を学ばなくてはいけないのです。その学ぶ部分をなかなか取り組めずにいる方も多いのではと思います。

強い武器を求めるだけでは勝つことは難しいです。暑いからと防具を外したり、時間がないからと戦略を学ばずに戦にでれば、相手に簡単に負けてしまいます。

約9割のトレーダーが稼ぐことができていない理由は、ただ「学び」に時間を費やしていないだけの方が多いからではないかと察します。戦略を知り、手法を作り、検証を行うという「学び」は戦で勝つための大変重要な工程です。

デイトレードで稼ぐためのインジケーターは何でもいい?

一貫性のあるトレードルールの重要性

一般のトレーダーで特に初心者の方がFXで稼ぐためには、一貫性のあるトレードルールを用いて淡々とトレードしていくのが一番良いでしょう。

裁量トレードですでに稼げているという方にはおすすめはしませんが、全く稼げていないという方には一貫性という意味では明確なトレードルールをインジケーターをうまく用いて手法に組み込んだほうが安定します。それはブレがないからです。

ある程度長期間にわたって過去データで資金がトータルプラスになるなら、今後も使える可能性が高いトレードルールと予測できます。そういった手法を使っていきます。

カリスマトレーダーが「僕の手法は素晴らしいですよ!いまなら29,800円で教えますよ!」と言えば購入する方がいらっしゃるでしょう。でもその手法が一貫性がある手法かどうかは購入するまでわかりません。

カリスマトレーダーが稼げたとしても、購入した自分も稼げるかどうかはわかりません。いわゆる再現性があるかどうか、購入するまで想像できません。

一貫性のあるトレードルールなら、ある程度再現性があるかもしれません。販売した自分のみ有効のオンリーワン手法かもしれないので、有料の手法を購入する際はこういった点にも注意してください。

一貫性があればインジケーターは何でもいいのか?

デイトレードは、スイングトレードに近い長時間デイトレードと、スキャルピングに近い短時間デイトレードと分けて呼ぶことにしています。なぜなら稼ぎ方が異なるからです。同じにしても構わないのですが、難易度を低くするには戦略を別にしたほうが良いです。

一貫性一貫性とお話ししてきましたが「じゃあそれを満たせば何でもいいんでしょ?」と疑問に思われるかもしれませんので、チャート画像で説明していきます。

ポンド円15分足チャートになります。

例えば単純移動平均線(期間200)より上で価格が推移していれば買い、下で推移していれば売りを考えるとします。

今回のエントリーポイントは、黄色の矢印の箇所になります。スローストキャスティクスが買われすぎのレベル70のピークをつけて、陽線から陰線に変わってローソク足が確定したとき次の始値で売りエントリーをします。

決済はピンクの矢印の箇所です。さきほどとは逆でスローストキャスティクスが売られすぎのレベル30のピークをつけて、陰線から陽線に変わってローソク足が確定したときとします。

今回であれば数pipsで利益確定となりますが、そのあと200pips近く下落しています。トレードルールどおりなら、この後の下落は指をくわえてみているしかありません。

ものすごく損をしたような気持になりませんか?それぞれのトレードスタイルには、それにあった稼ぎ方があるということです。15分足のような長時間デイトレードの場合はなるべく利益を伸ばすほうが稼ぎやすいです。

確実に小さな利益を重ねたいなら、勝率重視のほうが稼ぎやすい短時間デイトレードのほうがやりやすいと思います。短時間デイトレードで20pipsの動きしかない中で100pipsの利益確定は難しいというのが良い例でしょう。

このように明確で一貫性があるからといって闇雲に何でもインジケーターを使うのではなく、それぞれのトレードスタイルに有効な戦略を用いていくこと、そしてそれに機能するインジケーターを選択することが重要となります。

次にその選択方法をお話しします。

デイトレードで稼ぐために自分のトレードスタイルにあったインジケーターを選ぶ方法

インジケーターを選ぶ目的は主に2つ

インジケーターを用いる用いないにかかわらず、トレードをする際にはまず「買いか売りか静観か」を観察して相場状況を見ます。そのあとに静観でない場合は「いつ買うか/売るか」のポジションをとるタイミングを見ます。

さきほどの例のように、単純移動平均線(期間200)より上なら買いで下なら売り、価格が単純移動平均線にからまっているときは静観で離れて足が確定するまではトレードしないといった超単純ルールなら比較的わかりやすいと思います。

わたしの場合は、下のチャート画像のように一目均衡表の雲と移動平均線の位置関係や、移動平均線のみ複数本の位置関係から相場状況を見ることが多いです。どちらも明確に判断できるものであることが重要です。

一目雲と移動平均線が一体化している時は静観、一目雲より移動平均線が下なら売り、上なら買いというような簡単な見方をする程度です。もちろん100%完璧にはできませんが、取るべきところで取れていれば良いかと思います。

今回はポジションをとるタイミング用のインジケーターの選び方をトレードスタイル別にお話しします。

長時間デイトレード用インジケーターの選び方

長時間デイトレードということは、利幅で稼ぐ損小利大型の手法を選ばれる方が多いかと思います。利幅を大きく取りに行くためには、トレンドをしっかりととれるインジケーターを選ぶ必要があります。

長時間デイトレードではコツコツと小さく利益を取るというよりも、小さな負けも受け入れながらコツコツと小さな利益もとりつつ特大ホームランで大きく資金を増やすというやり方になります。

長時間デイトレードでおすすめするインジケーターは、値動きについていくようなもので例を出すなら移動平均系のインジケーターです。

オシレーターではなかなかトレンドを取るのは難しいですが、移動平均系インジケーターなら視覚的にも明確なものが多いのでFX初心者の方にもおすすめできます。

例えばこのチャート画像の黄色のトレンドを取りたいと思うなら、どのようにインジケーターを選択すればいいでしょうか?簡単です!実際にチャートにインジケーターを色々と入れていけば良いだけです。

上の画像の紫色のインジケーターは単純移動平均線(期200)、黄色のインジケーターは同じく単純移動平均線(期間25)です。

トレードルールは以下のとおりで、たった今考えたルールですが、まあまあ損小利大になります。詳しく検証はしていないので実際のトレードでは使用しないでください。

  • 厳密にリスク管理(最大でも資金の2%)に基づいたポジション数を算出する
  • 両方の単純移動平均線を超えて足が確定したとき、上抜けなら買い
  • 両方の単純移動平均線を超えて足が確定したとき、下抜けなら売り
  • 単純移動平均線(期間25)に戻って足が確定したら決済

ただチャートに表示させてトレンドがとれるのかどうか見ていくだけです。トレンドをとれないなら長時間デイトレード向けではない可能性があります。

移動平均系インジケーターとして、HMAやT3MAもあります。これは好みで良いと思います。それはどのインジケーターを選択するかが最重要ではないと考えているからです。

他にもチャート上に表示させていますが、平均足の仲間で「heiken-ashi smoothed」というものがあります。

トレンドをしっかりと押さえることができるインジケーターを探してみてください。重要なのはどれを選択することではなく、長時間デイトレードならトレンドをとれるのかということと、ポジション数はリスク管理から算出するということです。

FX初心者の方が陥りやすいのが、勝率が悪いために「自分はFXに向いていない」と思ったり「この手法つかえない」と思ったりすることです。

長時間デイトレードやスイングトレードなどは勝率が悪いから稼げないのではなく、勝率は悪いけれど特大ホームランを虎視眈々と狙って資金をがっつり稼ぐのだと考えてください。不安を解消するのは自分の手で検証を積み重ねることしかないと思います。

膨大な検証によって生まれた「成功体験」により、勝率は悪いし連敗もすごいけれどたまにくる大幅な利益で資金は増える、だから淡々とトレードするしかないと考えられるようになってくるものです。

短時間デイトレード用インジケーターの選び方

短時間デイトレードということは、勝率を重視した薄利多売型の手法を選ばれる方が多いかと思います。勝率を重視するということは、エントリーポイントすなわちエントリータイミングをうまくとらなくてはいけません。

例えば、20pipsの動きの中であれば仕掛けたい方向へすでに15pips進んでから仕掛けるのはいわゆる「つっこみ買い/売り」になります。その方向へぐんぐん伸びることもありますが、多くの場合は一旦小さな引きがありますのでそこで仕掛けるべきでしょう。

強い上昇や下落の場合、戻しが一気にくることもあります。行き過ぎた箇所でポジションをとってストップロス注文を浅く置いていると簡単に損切りにかかります。かといってストップロス注文を深い位置におくのではなく、仕掛ける場所を厳選したほうが良いと思います。

画像のチャートで見ていきましょう。濃いピンクの矢印部分ではすでに上昇が行き過ぎています。トレンドが強ければこのままいくこともありますが、一旦戻すことが多いので、戻りを待つためにインジケーターでタイミングを見るとわかりやすくて良いと思います。

オシレーターを2種類入れてみました。薄い紫の点線の箇所をご覧ください。ここでは損切りになりますが、買いエントリー候補としても良い箇所です。そのあとは雲に入ってしまうので、わたしの場合はノーエントリーです。

パッと見てポジションを取りたいなと思ったときは、一旦深呼吸して次のタイミングを待つくらいが良いと思います。自分がポジションを取りたいという都合に相場は決して合わせてくれません。

行き過ぎた箇所でポジションを持っても勝てるのは、回数としてはそんなにないと考えておいたほうが良い結果になるでしょう。

デイトレードで稼ぐためのインジケーター まとめ

デイトレードで稼ぐ方法は山のように存在していますが、毎月2000pipsとれたり毎月資金が倍増するような魔法のインジケーターは存在しないと言えます。

インジケーターは所詮、値動きの後付です。だから使えないというのではなく、使い方次第ということです。インジケーターを使っているトレーダーは勝てていないのではありません。使用目的が違っているだけかもしれません。

みんなが使っているから、有名だから、なんとなく…ではなく、何のためにどういった効果を得たいのかを決めてから使うべきでしょう。

まずは自身のトレードスタイルが長時間デイトレードなら、トレンドをしっかり押さえることができるインジケーター(例えば移動平均系インジケーター)、短時間デイトレードなら薄利多売型なので仕掛けを厳選できるようなインジケーター(例えばオシレーター)が良いでしょう。

このように、トレードスタイルごとの戦略に合致したインジケーターを選択し、リスク管理に基づいた検証をしていくことが、稼ぐための近道と言えます。

関連記事

デイトレードに関する基礎知識や失敗しない取引のコツをまとめた記事一覧はこちら

FX初心者必見!デイトレードの始め方と取引のコツやタイミングを大公開

お役に立てばシェアしてくださいね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。