1. ホーム
  2. システムトレード
  3. ≫FXシストレは初心者でも自作できるの?2つのプラットフォームで比較検証

FXシストレは初心者でも自作できるの?2つのプラットフォームで比較検証

シストレの運用を考えている人の中には、自分で売買プログラムを作りたいと考えている人が少なからずいます。既存の売買プログラムに不満があったり、自分の裁量ルールを自動化してどこまで通用するか試してみたかったりと理由は様々です。

しかし、自作プログラムに挑戦したい人は多くいてもそのハードルの高さに挫折してしまう人が少なくないことも事実です

では、売買プログラムを自作するにあたって必要なことは何でしょうか。良いプログラムを作るために、注意すべきことや作成までのステップを抑えておきましょう。

この記事では、自作の売買プログラムを作成するために必要なことや注意すべきことをご紹介していきます。自分のオリジナルのロジックでシストレに挑戦してみたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事FX初心者が読むべきシストレにオススメの関連本5選

関連記事FXシストレでもスマホ取引OK!シストレにおすすめアプリはどれ?

スポンサードリンク
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
iPhoneアプリでFX投資する方へ

iPhoneのアプリを使ってFX取引をされているなら、GMOクリック証券の「iClick FXneo PLUS」が使いやすくておすすめです。

GMOクリック証券「iClick FXneo PLUS」

シストレの自作とは?

シストレの自作とはどのようなことを意味しているのでしょうか。シストレは、自動売買プログラムとそれを動かすためのプラットフォームがあって成り立っています。

このうちの自動売買プログラムは、プロトレーダーやヘッジファンド、FX業者などが作成したものがパッケージとして販売されていたり、無料で提供されていたりします。

自作とは、この自動売買プログラムを自分のロジックでオリジナルのものを作ることを意味しています。シストレの自作には大きく分けて2種類があります。

MT4のEA(Expert Advisor)をプログラミングで作成

自作と聞いて最初に思いつくのが、このEAを作ることだと思います。EAは、カスタマイズ性に優れた超高性能ツールのMT4で動作する自動売買プログラムのことです。

このEAをプログラミングによってオリジナルのものを作成するというのが、シストレの自作において最もメジャーな方法でしょう。

ただし、最低限プログラミングの知識が必要になりますので、まずはここがクリアできていないとEAの自作は不可能です。そして、自分がFXトレードで培ったロジックがしっかり確立されていることも必須項目と言えます。

この2つを満たした上で、出来上がったプログラムに検証作業を繰り返して完成するのがEAということになります。

ですので、初心者がいきなり挑戦するにはややハードルが高い方法ということになるでしょう。

ユーザー設定型プラットフォームで手軽に作成

もう一つの方法は、ユーザー設定型プラットフォームで動作する自動売買プログラムをガイドに従って手軽に作ってしまう方法です。

ユーザー設定型ではプログラミングのような複雑な作業は必要なく、サイトのガイダンスに沿って詳細な設定を入力していくだけでオリジナルのストラテジーを作成できるのです。

難解な作業は必要なく、テクニカル指標などの最低限のFX知識があれば作成できますので、初心者の人でも少し勉強すればオリジナルのロジックを作ることができます。プログラミングの知識がない人は、こちらを選択すると良いでしょう。

ユーザー設定型プラットフォームについては、下記記事でも詳しく紹介していますので合わせて参考にしてみてください。

関連記事簡単にオリジナルのストラテジーが作れる!ユーザー設定型のFXシストレをご紹介

EAを自作するための手順

EAを自作することはやや高度な技術が必要ですので、その過程もちゃんと抑えておく必要があります。ここでは、MT4で運用に乗せるために最低限やるべきことをご紹介していきます。

①プログラミング

自分の中の売買ルールを形にしていくために、プログラミング言語を使って作成していくことがシステム作りのスタートになります。MT4では「MQL4」、トレードステーションでは「イージーランゲージ」という言語が使われており、本格的に自動売買プログラムを作りたいのであれば、この2つの言語をマスターすることをおすすめします。

両者ともに開発が活発に行われていて、ネット上でも書籍でも情報が豊富にあるのがメリットと言えます。サンプルプログラムも豊富に用意されていますので、最初はそれで開発の足掛かりにしてしまうのも良いでしょう。

②バックテスト

プログラムが完成したら、それがどれくらいの収益を上げそうかテストする必要があります。過去データ(ヒストリーデータ)を読み込んで完成したプログラムを照合することで、過去の値動きの中でどれくらいの損益が出たか、勝率はどれくらいか、最大ドローダウンはいくらかなどのデータを取得することができます。

この工程で、自作プログラムの性能を割り出すことができます。自分が思った通りの結果が出ればそれで良いですし、納得がいかなければ調整する必要があります。

収益がしっかり上げられるよう、細かな変数や条件などを微調整しつつ、プログラムが最大のパフォーマンスを出せるよう最適化していかなければなりません。

この作業を繰り返し行いプログラムをブラッシュアップしていくことになります。ただし、この作業は計算量が膨大になるためPC上で自動処理をすることで対応する必要があります。

バックテストは慎重に且つ効率的に進めるようにしないと、時間だけが無駄に過ぎてしまいますので、その点は注意しましょう。

③フォワードテスト

過去データでの検証を「バックテスト」と呼ぶのに対して、リアルデータでの検証を「フォワードテスト」と呼びます。

バックテストはあくまで過去データに対しての信用しかなく、過去データに過剰に最適化してしまったがゆえにリアルの市場データに全く対応できなかったという事態を引き起こすリスクがあります。

このように将来のトレードで機能しないのでは何の意味もありませんので、現状のリアルデータでプログラムがしっかり収益を上げられるかをテストしなければなりません。これがフォワードテストということになります。

フォワードテストはデモトレードなどで実施することが可能で、ここで完成したプログラムの有効性をしっかり確認しておくようにしましょう。

④運用開始

ここまでの工程をクリアできれば、いよいよ運用開始となります。MT4にEA本体を設置してリアルトレードを開始しましょう。

運用の注意点は自作プログラムでも既存プログラムでも変わりません。適切な資金管理と徹底したリスクコントロールで安定した運用をしていきましょう。相場の急変やEAが相場にマッチせず損失が膨らむことは普通にあります。

最大ドローダウンを更新したりする事態になれば、EAのプログラムを見直さなければならない可能性も出てきます。

もちろん、プログラムの修正をすれば、バックテストとフォワードテストも再度実施し最適化を図る必要があります。試行錯誤を繰り返しつつ最良のEAができるよう取り組んでいきましょう。

あらゆる事態を想定して瞬時に対応ができるよう、安定した運用を目指しましょう。

まとめ

ここまで、自作の売買プログラムを作成するために必要なことや注意すべきことをご紹介してきました。

自作には、EAのプラグラムによる自作とユーザー設定型プラットフォームで動作するお手軽ストラテジーがあります。現在の自分のレベル感に合わせて、自作する方法を選択するようにしましょう。

EAの自作はツールで作れるものもありますが、最低限のプログラミング知識は必要です。どうしてもEAを作りたい人は、その当たりの勉強を覚悟の上で臨むようにしましょう。

自分のロジックで自動売買できるのは非常にやりがいがあると思いますので、興味がある人は是非チャレンジしてみてください。

スポンサードリンク

お役に立てばシェアしてくださいね。

オリコン顧客満足度で良い評価を得ているFX業者3選
GMOクリック証券 DMM.com証券 ヒロセ通商
星5個 星5個 星4個
公式HP 公式HP 公式HP

上記の3つのFX業者は、スプレッド(手数料)も小さく、取引ツールも使いやすいことが、ランキング上位の理由です。

申し込みはどれも3分以内で出来ますし、「口座開設無料」&「キャッシュバックキャンペーン中」の今、アカウントを作成しておくのがお得です。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。