1. ホーム
  2. システムトレード
  3. ≫FXシストレの「ジョイントレード」とは?大きく利益を積み上げる注文方法の仕組み

FXシストレの「ジョイントレード」とは?大きく利益を積み上げる注文方法の仕組み

国内のミラートレーダー対応業者で最大の口座数を抱える「シストレ24」。ストラテジー数の多さが有名ですが、それ以外にも先進的な注文方法などでも注目を集めています。

「ジョイントレード」もその一つで、裁量トレードと自動売買を合わせたような積極的なトレードが可能な注文方法です。シストレ24を使いこなすためにも、このような特殊な機能も使えるようになっておくと楽しいトレード生活が送れるでしょう。

この記事では、シストレ24の「ジョイントレード」についてご紹介していきます。シストレ24での機能を使いこなしたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

インヴァスト証券「シストレ24」の公式サイトはこちら

ジョイントレードとは?

ジョイントレードとは、インヴァスト証券が提供しているシストレ24の注文方法の一つを指しています。エントリーを裁量判断でして決済をストラテジーに任せる裁量トレードと自動売買があわさったような半自動売買のような注文方法です。

ジョイントレードは保有しているポジションに途中から参加して利益を積み上げていきます。基本的には相場にマッチしていて調子の良いストラテジーで実行すると効果のある注文方法です。

たとえば、買いエントリーしたストラテジーがその後の値動きで含み損を抱えてしまったとします。あと10pips下落するとロスカットになりますが、「このストラテジーの調子の良さからしてこのあたりで回復の兆しがありそう」というタイミングで「Join」したとします。

その後、相場が予想通り回復すれば、ジョインした分だけ利益が上積みされることになります。決済はストラテジーに任せてしまえばOKです。逆に回復せずそのまま下落を続けたとしても、10pipsで損切りですのでそこまで痛くありません。

このように、ストラテジーに新たなエントリーチャンスが訪れた時に裁量でエントリーし、その後の決済をストラテジーに任せてしまう注文方法が「ジョイン」というわけです。ちなみに、決済は手動でやることも可能です。

発注方法

「Myシストレ」での具体的な注文方法ですが、上記のようにジョインのチャンスが訪れたら、下記のような流れで注文します。

  1. 取引画面の「ジョイン」タブを押します。
  2. ジョインする建玉の「発注」ボタンをクリックします。
  3. 取引額を入力して「発注」ボタンをクリックします。

基本的にはこの3ステップで発注できてしまいます。他にもアドバンス設定を使って指値や逆指値を設定して発注することも可能です。

エクストラトレードとは?

ジョイントレードの発展形でエクストラトレードという注文方法があります。ジョイントレードは稼働中のストラテジーに対してはエントリーすることが出来ませんでしたが、エクストラトレードはこれが可能になります。

加えて、同じポジションに対して何度でも好きなタイミングでエントリーすることが出来るようになりました。

「ジョイン」と「エクストラ」は基本的には同じ注文のことで、未稼働のストラテジーに対しての最初のエントリーを「ジョイン」、2度目以降を「エクストラ」と覚えておきましょう。ちなみに、稼働しているストラテジーに対してのエントリーは1度目から「エクストラ」トレードということになります。

2度目以降何度もジョインできる状態を「エクストラ」といいます。すでに稼働しているストラテジーの場合は、1度目から「エクストラ」となります。

「エクストラトレード」では、制限がなくなりいくらでもポジションをもてるようになりましたので、よりアグレッシブなトレードができるでしょう。ただ、「エクストラトレード」を過度に実行すると、思わぬ損失となることがありますので注意する必要があります。利益も損失もともに大きくなることは心得ておきましょう。

ジョイントレード使い方のコツ

ジョイントレードと言っても利益を上げるためにやることは変わらず、信頼できるストラテジーを見つけることです。ストラテジーをよく観察し、ストラテジーの傾向と現在の相場分析をすることで、ジョインのタイミングを見極めましょう。

現在の相場にマッチしているか

ストラテジーの現在の状態を表すアイコンは必ず抑えておきましょう。「好調」「利益更新」「連勝更新中」「イマコレ」などは現在の相場に対して相性が良いことを意味しています。

今調子が良いストラテジーを選ぶことがジョインを成功させるポイントですので、しっかりチェックしておきましょう。

平均利益と平均損失

ストラテジーカードで特徴を抑えておくことも必要です。ここでまず最初に見るべきは「平均利益」と「平均損失」になります。

今ストラテジーが抱えている含み損と「平均利益」を合わせて考えた時に、利益をいくらプラスで取れるかを確認することが出来るでしょう。

取引履歴

取引履歴を見ると、そのストラテジーがエントリーから決済までどの程度の時間を費やしているかを確認できます。ストラテジーはタイプによって、 利食い幅と関係なく長期間のポジションを保有する場合もあります。

平均的な保有期間がどれくらいか把握しておけば、ジョインから決済までにかかる時間もある程度予測することが出来るでしょう。

損小利大

損切が遅めのストラテジーの方が大きく利益を伸ばせる可能性がありますが、やはり理想は「損小利大」です。早く損切をしてくれるストラテジーを選んで、安全な取引を心掛けましょう。

長期安定型

これは全てのストラテジー選びの基本部分ですが、長期的に安定した利益を出しているものを選択するようにしましょう。「金の卵」や「ベテラン」アイコンのついたストラテジーであれば、信頼度も高いですしリスクコントロールもし易いです。

インヴァスト証券「シストレ24」の公式サイトはこちら

ジョイントレード、エクストラトレードの注意点

「ジョイン」「エクストラ」ともにトレードの際に注意しておくべきことがあります。

ストラテジーの調子に気を配る

ジョイントレードでもストラテジーを使っていることには変わりありません。ストラテジーが相場にマッチした状態を保てているか確認は怠らないようにしましょう。

特にジョイン中に「DD更新」「連敗更新中」アイコンが表示されたら、相場にアンマッチになっている判断をくだして手動決済をしてしまっても良いでしょう。状況判断はしっかり行えるようにしておかなければなりません。

過剰な「ジョイン」「エクストラ」はしない

あまり多くのストラテジーにジョインやエクストラをすると、管理が難しくなり思わぬリスクを抱える可能性が高くなります。始めのうちは数を絞り、多くても3つ程度のストラテジーにジョインするくらいが良いでしょう。

同じポジションへのエクストラは控えめに

エクストラは利益が取れるときは大きく勝てますが、逆に大きな損失を被るリスクも潜在的にはらんでいます。ですので、あまりにも多くのエクストラを仕掛けることは避け、リスクの範囲内でトレードするようにしましょう。

まとめ

ここまで、シストレ24の「ジョイントレード」「エクストラトレード」についてご紹介してきました。

ジョイントレードは、裁量トレードと自動売買の良いところを合わせたような注文方法ですので、うまく活用すれば良い運用成績が得られることでしょう。裁量トレードの難しさは、多くが利確や損切と言われます。

この注文方法なら、決済だけをストラテジーに任せることが出来ますので、裁量トレーダーにもうれしい注文方法なのかもしれませんね。

ジョインとエクストラを積極的に活用して攻めのトレードにもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

インヴァスト証券「シストレ24」の公式サイトはこちら

お役に立てばシェアしてくださいね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。