1. ホーム
  2. FX用語集
  3. ≫景気動向指数とは

景気動向指数とは

景気動向指数とは、景気全体の今の状況や、今後どうなっていくかという予想をするために使われる指標です。

世の中には多くの景気指標が存在します。その中でも景気の動きに連動し、経済において重要と考えられる28項目をもとに、景気動向指数は作られています。

 

景気動向指数は、毎月内閣府から発表されています。コンポジット・インデックス(CI)とディフュージョン・インデックス(DI)があり、現在はその両方を利用して、景気の判断が行われています。

 

景気の動向に先行した先行指数、同時に動く一致指数、遅れて動く遅行指数の3つの種類があります。

 

コンポジット・インデックス(CI)・ディフュージョン・インデックス(DI)とは

コンポジット・インデックス(CI)とは、構成する指標の動きを合成して、景気の変動を表します。

 

一般的にCIが上昇している時は景気全体が拡張している時であり、CIが下降している時は景気も縮小しています。短い期間内では景気が上向いているかどうかの判断が難しいため、ある程度継続した拡張の動きが必要とされます。

 

ディフュージョン・インデックスは、採用している経済指標のうち、上昇している指標の割合を示したものとなります。

 

各経済部門において、改善している部分、つまり経済活動の波及を示す指標となります。よってDIの上昇がイコール景気の拡張とはなりません。

 

どちらも、それぞれ特徴が見られます。以前はDIが中心でしたが、近年全体の景気の流れがより重要となり、CI中心の形態へとなってきました。しかし、各部門の波及も重要な指標であることから、現在はどちらの形態も使用されています。

 

FXにおける景気動向指数

景気の動きを予測する上でも、景気動向指数は押さえておきたい重要な指標です。為替相場はその国の景気に大きく左右されます。

 

現在のレートや過去のレートの情報はもちろん、景気の状態とレートとの間にどんな関係が見られるのか、今現在の取引だけでなく、これからの取引においても重要な情報ですね。

 

特に先行指数は経済の流れを予想する上で役に立ちます。これから景気が上向きになるかならないか、FX取引においては最も欲しい情報ですね。

 

実際予想通りになるとは限りませんが、内閣府が調査して発表する情報ですから、しっかりとしたデータのもとに成り立っている指標です。多くの投資家がこの指標を取引の参考としているのです。

 

景気動向指数が、そのまま取引に影響を与えるケースもあります。指数によって景気が上向きになるであろうという予想が出された場合、実際にそれを参考にした投資家陣の動きで景気の動向が変わることもあります。

 

取引に慣れてきたら、こうした指標と為替相場の変動がどのように関係してくるのか、分析することも今後の勉強となりますね。

お役に立てばシェアしてくださいね。

重要テクニカル分析で利ざやを取るには、FX業者選びが最も重要です!

チャート分析に基づくデイトレやスイングトレードで利益を上げるなら、テクニカル指標の全ての機能が使えるツールを提供しているFX業者を選ぶ必要があります。

ただ、豊富な機能を搭載したツールはあるものの、各ツールによってチャートの使いやすさや見やすさに差がある為、いくつかの口座を試してみながら、あなたに合ったFX業者を見つけましょう。

次の記事では、「どの口座を選べばわからない!」という方のために、管理人の口座選びのポイントとおすすめ口座を紹介していますので、「いろんな口座を試すのが面倒だ!」という方は、参考にしてください。

>>人気FX口座16社の機能性や使いやすさを数値化して厳選したFX口座ランキング(2018年最新版)

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。