1. ホーム
  2. FX用語集
  3. ≫インターバンク市場とは

インターバンク市場とは

インターバンク市場とは、金融機関がお互いに資金の運用や調達を行う場です。実際にそうした取引所などが存在するわけではなく、専用の電話や端末などを用いて取引が行われます。

 

コール市場、手形市場、外国為替市場があり、このうちFXの概念でいうインターバンク市場とは、外国為替市場に当たります。投資家は直接取引に参加することは出来ず、FX業者を通じて、間接的に取引に参加していることになります。

 

\サラリーマン副業投資には自動売買がオススメ/
インヴァスト証券「トライオートFX」
※1,000通過対応&利用料無料

FX会社と投資家の関係とは?

FX会社は投資家から注文を受け、それをカバー先である金融機関を通じてインターバンク市場へと流すことになります。

 

カバー先の金融機関は各FX会社によって違ってきます。一般的に、より多くのカバー会社を保有することで、選択肢も広がり、より良い取引を行える可能性が高くなります。

 

インターバンク市場での取引は、100万通貨単位での取引が、レバレッジ無しで行われます。金額が高くなるため、とても個人での取引などは出来ません。FX会社の仲介のおかげで、こうした市場においても間接的に取引を行うことが出来るというわけです。

 

実際の取引はどのように行われるの?

間接的とはいえ、自分の投資がどのように行われているのかは気になるところです。インターバンク市場では、どのように取引が行われているのでしょうか?

 

まず、カバー先の金融機関からFX会社にレートが提示されます。その後、レートを元にFX会社が投資家へレートを提示します。投資家が注文を出したところで、FX会社は同時にインターバンク市場へと注文を出します。こうして相互に取引を行っている限り、取引にリスクは生じません。

 

ただし、FX会社の判断により、こうした取引が、受けた注文通りに行わないケースもあります。タイミングを見計らって取引をすることで、FX会社も利益を生み出そうとするわけですね。上手くタイミングが合えば利益を得られますし、タイミングを誤ってしまえば、不利益を被ることもあります。

 

インターバンク直結型って?

インターバンク市場にそのまま注文を流す方式で、海外のFX業者が主に行っています。この場合は受けた注文をそのままカバー先金融機関へと流すことになります。

 

投資家にとっては、取引きが分かりやすく、安心感が得られるというメリットがあります。国内のFX業者のほとんどは、インターバンク非直結型の取引方法となります。取引が分かりにくいものの、その分スプレッドが狭く設定されるというメリットもありますので、自分の考えに合ったFX業者を選ぶようにしましょう。

インヴァスト証券「トライオートFX」

お役に立てばシェアしてくださいね。

初めてFX口座を作る方や今より使いやすい口座を探している方におすすめの口座は次の5つです。

【人気口座厳選】スマホでも使えるFX口座Best5
  1. DMM FX
    (使いやすさ・スワップ・スプレッドなど、私が求めているものが全てトップクラス)
  2. GMOクリック証券
    (DMM並みの口座ですが、使いやすさの点で2位。テクニカルツールは充実)
  3. YJFX!
    (スマホでの操作性に定評あり!)
  4. ヒロセ通商
    (通貨ペアが多く、機能も充実しており、中級者にも人気)
  5. 外為ジャパンFX
    (取引単位が少なく、リスクを抑えて取引したい人に人気)

 

【第1位】DMM FX

DMM.com証券「DMM FX」

1位は文句なしのDMMFXです。

「やっぱりか!」って声が聞こえてきそうですが、もうデメリットを指摘する箇所があまりないため、総合評価が1位となっています。

10年以上FX取引を行ってきた私の個人的な感想ですが、

  • スプレッドの狭さ
  • スワップ金利
  • ツールの充実度・使いやすさ
  • サポート
  • ニュースなどの情報量
  • スマートフォンでの操作性
  • LINEでのお問い合わせ機能

などがあり、総合評価が高い口座です。

DMMFXは「初心者向けの口座」と思われていて、初めての方が最初に作る口座と推奨されていますが、私のメイン口座はいまだにDMMFXです。

\約3分で申し込み完了/

DMM FXの口座開設はこちら

 

【第2位】GMOクリック証券

個人的にはローラさんより新垣結衣さんを推したいところですが、GMOクリック証券さんは僅差で2位にしました。

DMMさん同様、スプレッドが業界屈指の狭さ(コストが安い)で、さらにスワップ金利も高めに設定されていることから、デイトレ〜スイングトレード〜長期保有まで幅広いユーザーに使われています。

チャートツールや発注画面の操作性、スマートフォンの利便性も良く、投資情報も充実しているので、初心者からFX上級者まで幅広い投資家から人気のFXネオは総合評価が最も高い口座です。

かなり個人的な意見ですが、ツールの使いやすさの点でDMMさんの次のランクインとしました。

両方口座を作って、使い比べてみるのがいいですよ。

GMOクリック証券の口座開設はこちら

 

【第3位】YJFX!

YJFX

YJFX!の外貨exの特徴は、何と言ってもスマホアプリの使いやすさです。

FX初心者から上級者まで満足度が高いアプリ・ツールがあり、さすがYahooJAPAN!と言えます。

『YJFX!アカデミー』やレポート・セミナーも充実しており、初心者も安心して利用出来る口座と言えます。

YJFX!の公式サイトを見る

 

【第4位】ヒロセ通商

ヒロセ通商「LION FX」

取引コストである「スプレッド」が狭く、取引時の約定率が高いことで有名な人気口座ヒロセ通商のLION FXは、近年人気が出てきたサービスです。

また、トレードバトルなど様々なイベントが企画されていて、FXを「稼ぐ投資」だけではなく、「楽しむ投資」の意味合いが強い口座となっています。

注文機能や取引ツールの使いやすさも良く、デメリットが少ないサービスと言えるでしょう。

ヒロセ通商の公式サイトを見る

 

【第5位】外為ジャパンFX

外為ジャパンの評判は

DMM FXと同様、外為ジャパンはDMM.com証券のFXサービスです。DMM FXとの違いはいくつかありますが、最大の違いは「取引単位」です。

DMM FXが1万通貨に対し、外為ジャパンは1,000通貨。取引単位が少ないことは、初心者でも取引しやすいと言えます。

また、専用のアプリではなくネットサービスで取引できるため、場所を選ばずに取引できるのも魅力の1つです。

外為ジャパンの公式サイトを見る

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。