1. ホーム
  2. FX用語集
  3. ≫預託保証金とは

預託保証金とは

預託保証金とは、FX取引のために必要な、取り引き可能な金額のことであり、預託保証金の金額によって新規建出来る取引量が変動します。

取引レートが100円、保証金率10%、取引単位1万ドルの米ドル-円取引の場合

  • 必要保証金:10万円(レート100円×1万ドル×10%=10万円)
  • 預託保証金:100万円(投資資金100万円を口座に入金したとする)

この場合、新規建て出来るのは10万ドルまでとなる。

保証金や決済の損益などを加えたうえで、手数料などを差し引いた金額が預託保証金にあたります。実際に決済を行わないかぎり、この金額が変わることはありません。

為替の変動などによっては、取引途中で損失が見込まれてしまう場合があります。しかし、そのポジションを実際に決済しないかぎり、その損失は机上のものでしかありません。

預託保証金率を下回ってしまった場合は、強制的な決済となってしまうこともありますので注意しましょう。

関連記事【これだけで十分!】FX初心者が取引前に抑えておきたいFX用語集まとめ

\一番手数料が安い口座を使っていますか?/

※業界最狭スプレッド&高スワップ金利

重要な預託保証金率

預託保証金をもっと簡単に言うと、FX会社の口座に預け入れている金額となります。預けている保証金、つまり残高の額に応じて、FXの取り引きが行えるわけです。

FX取り引きでは、実際の金額よりも大きな金額で信用取引を行うことが出来ます。預託保証金の金額により、レバレッジを効かせて取り引き金額を大きくすることが出来るのです。

そのため、為替の変動によって損失が見込まれそうなときには、一定水準を下回ると強制的な決済が行われるケースもあります。

その際に重要となるのが、預託保証金率です。

預託保証金率は実質保証金と必要保証金の割合によって算出されます。実質保証金がこの比率を下回ってしまうと、ロスカットの対象となり、大きな損失となる前に強制的な決済が行われてしまいます。

FX会社によっては、ロスカットの前段階として、マージンコールが行われるケースもあります。これは比率が下がってきているという警告で、これ以上下がると強制決済となることを教えてくれるものです。

この段階で証拠金を維持するために追証を行うことが出来れば、ロスカットはまぬがれます。

しかし、相場がどんどんと下がり続ければ、さらなる追証が必要となることもあります。その後回復すれば問題ありませんが、損失が膨らみ続けることも考えて、選択は慎重に行いましょう。

預託保証金率に気を配った取り引きを

預託保証金率は、そのポジションを上手く損きりするための1つの基準となってきます。当たり前ですが、人間誰しも損はしたくありません。しかし、無理にポジションを維持し続けることで、どんどんと損失が膨らんでしまうこともあります。

預託保証金率を下回りそうになった時は、ポジションを見直すチャンスです。チャートや各種データなどを分析し、今後の為替がどのように動くか予想しましょう。

このまま大きな下降を見せず、ある程度のところで回復が見込めそうであれば、ポジションを維持することも良いでしょう。

しかし、損失が膨らんでしまうことも考え、ある一定ラインを越えたら潔く決済をする勇気も必要です。FX取り引きはいつも勝てるものとは限りません。いかに損失を少ないまま終えることが出来るのかも、1つの勝負所です。

お役に立てばシェアしてくださいね。

初めてFX口座を作る方や今より使いやすい口座を探している方におすすめの口座は次の5つです。

【人気口座厳選】スマホでも使えるFX口座Best5
  1. DMM FX
    (使いやすさ・スワップ・スプレッドなど、私が求めているものが全てトップクラス)
  2. GMOクリック証券
    (DMM並みの口座ですが、使いやすさの点で2位。テクニカルツールは充実)
  3. YJFX!
    (スマホでの操作性に定評あり!)
  4. ヒロセ通商
    (通貨ペアが多く、機能も充実しており、中級者にも人気)
  5. 外為ジャパンFX
    (取引単位が少なく、リスクを抑えて取引したい人に人気)

 

【第1位】DMM FX

DMM.com証券「DMM FX」

1位は文句なしのDMMFXです。

「やっぱりか!」って声が聞こえてきそうですが、もうデメリットを指摘する箇所があまりないため、総合評価が1位となっています。

10年以上FX取引を行ってきた私の個人的な感想ですが、

  • スプレッドの狭さ
  • スワップ金利
  • ツールの充実度・使いやすさ
  • サポート
  • ニュースなどの情報量
  • スマートフォンでの操作性
  • LINEでのお問い合わせ機能

などがあり、総合評価が高い口座です。

DMMFXは「初心者向けの口座」と思われていて、初めての方が最初に作る口座と推奨されていますが、私のメイン口座はいまだにDMMFXです。

\約3分で申し込み完了/

DMM FXの口座開設はこちら

 

【第2位】GMOクリック証券

個人的にはローラさんより新垣結衣さんを推したいところですが、GMOクリック証券さんは僅差で2位にしました。

DMMさん同様、スプレッドが業界屈指の狭さ(コストが安い)で、さらにスワップ金利も高めに設定されていることから、デイトレ〜スイングトレード〜長期保有まで幅広いユーザーに使われています。

チャートツールや発注画面の操作性、スマートフォンの利便性も良く、投資情報も充実しているので、初心者からFX上級者まで幅広い投資家から人気のFXネオは総合評価が最も高い口座です。

かなり個人的な意見ですが、ツールの使いやすさの点でDMMさんの次のランクインとしました。

両方口座を作って、使い比べてみるのがいいですよ。

GMOクリック証券の口座開設はこちら

 

【第3位】YJFX!

YJFX

YJFX!の外貨exの特徴は、何と言ってもスマホアプリの使いやすさです。

FX初心者から上級者まで満足度が高いアプリ・ツールがあり、さすがYahooJAPAN!と言えます。

『YJFX!アカデミー』やレポート・セミナーも充実しており、初心者も安心して利用出来る口座と言えます。

YJFX!の公式サイトを見る

 

【第4位】ヒロセ通商

ヒロセ通商「LION FX」

取引コストである「スプレッド」が狭く、取引時の約定率が高いことで有名な人気口座ヒロセ通商のLION FXは、近年人気が出てきたサービスです。

また、トレードバトルなど様々なイベントが企画されていて、FXを「稼ぐ投資」だけではなく、「楽しむ投資」の意味合いが強い口座となっています。

注文機能や取引ツールの使いやすさも良く、デメリットが少ないサービスと言えるでしょう。

ヒロセ通商の公式サイトを見る

 

【第5位】外為ジャパンFX

外為ジャパンの評判は

DMM FXと同様、外為ジャパンはDMM.com証券のFXサービスです。DMM FXとの違いはいくつかありますが、最大の違いは「取引単位」です。

DMM FXが1万通貨に対し、外為ジャパンは1,000通貨。取引単位が少ないことは、初心者でも取引しやすいと言えます。

また、専用のアプリではなくネットサービスで取引できるため、場所を選ばずに取引できるのも魅力の1つです。

外為ジャパンの公式サイトを見る

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。