1. ホーム
  2. FX用語集
  3. ≫リーマンショックとは

リーマンショックとは

リーマンショックとは世界的な規模での金融危機の1つです。2008年に、アメリカのサブプライムローン問題を発端として起こった世界同時不況であり、アメリカの大手投資銀行であったリーマンブラザーズが事実上破綻しました。

 

これをきっかけとして、世界中に不景気の波が吹き荒れました。別名リーマンクライシスとも呼ばれ、歴史にも残る大恐慌となったのです。

 

リーマンショックとサブプライムローン問題

リーマンショックを話題にするうえで、サブプライムローン問題は欠かせません。サブプライムローンとは、当時アメリカで大流行した住宅ローンであり、低所得者層にも利用できるというものでした。

 

通常であれば、返済能力が期待出来ない、信用が薄いサブプライム層にも、住宅ローンを利用することが可能となったのです。これにより、極端な話、アルバイトで稼いでいる若者にだって、住宅が購入できるようになりました。

 

当時アメリカはとてつもない住宅バブル期であり、住宅の値段はどんどん上がり続けていました。住宅をもっと多く売ろうと、考え出されたのがこうしたローンです。

 

サブプライムローンは証券化されることで複雑になり、バブル崩壊後、証券を手放そうとする投資家や銀行の動きによって大混乱が生まれました。資金が焦げ付き、株価が大暴落してしまいます。

 

当時アメリカ第4位の投資銀行であったリーマンブラザーズが、この問題をきっかけに破綻してしまいます。絶対に破綻することがないと思われていた会社が、簡単につぶれてしまったことで、人々はさらなる混乱の渦に巻き込まれます。

 

その混乱はアメリカだけにとどまらず、世界中の経済に大打撃を与えることになります。この混乱は、もちろんFX取り引きにも大打撃を与えることとなりました。

 

リーマンショックとFX

リーマンショックによって、信じられないような景気の暴落、為替の変動が起こりました。当時取り引きをしていたトレーダーの中には、大きな痛手を受けた人も多いでしょう。為替取り引きに限らず、信用取引というのは、このように何が起こるか分からない面があります。

 

上手くいっている時は良いのですが、1度大きな悪い波にもまれると、何もかもがなくなってしまう、そんなこともあるのです。

 

そのためにも、特にある程度長い期間ポジションを保有するスイングトレードにおいては、様々な分析と共に、社会情勢をきちんとチェックしておく必要があります。

 

何がきっかけとなるかは分かりません。自分の資産は自分でしっかりと守りましょう。

お役に立てばシェアしてくださいね。

重要テクニカル分析で利ざやを取るには、FX業者選びが最も重要です!

チャート分析に基づくデイトレやスイングトレードで利益を上げるなら、テクニカル指標の全ての機能が使えるツールを提供しているFX業者を選ぶ必要があります。

ただ、豊富な機能を搭載したツールはあるものの、各ツールによってチャートの使いやすさや見やすさに差がある為、いくつかの口座を試してみながら、あなたに合ったFX業者を見つけましょう。

次の記事では、「どの口座を選べばわからない!」という方のために、管理人の口座選びのポイントとおすすめ口座を紹介していますので、「いろんな口座を試すのが面倒だ!」という方は、参考にしてください。

>>人気FX口座16社の機能性や使いやすさを数値化して厳選したFX口座ランキング(2018年最新版)

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。