1. ホーム
  2. FX用語集
  3. ≫オシレーター系とは

オシレーター系とは

オシレーターとは「振り子」の意味で、FXで言うオシレーター系とは、振り子のように一定の振り幅で、為替が変動する指標のことを指します。通常はこの一定の幅で変動していくものの、振り幅から大きくそれてしまった時には注意が必要になります。

 

為替の相場をチャートを見て分析することを、「テクニカル分析」と言い、その指標となるものを「テクニカル指標」と言います。オシレーター系はテクニカル指標の1つ。一定期間の中で、相場が上がりすぎていないか、下がりすぎていないかということを判断することが出来ます。

 

オシレーター系とトレンド系

テクニカル分析には主に「オシレーター系」と「トレンド系」とに分かれています。その他に、独自の分析方法を用いた方法も幾つかありますが、現在の主流はこの2つの分析です。

 

オシレーター系は、一定期間内の相場の上昇や下落を判断するもので、短期的な予想をする際に使用されています。対してトレンド系は、全体の流れを読むことを目的とした指標です。こちらは大きな視点からテクニカル分析をするため、中長期的な予想をする時にオススメです。

 

日々のFX取引においては、オシレーター系は非常に重要な役割を果たしてくれます。オシレーター系、トレンド系、どちらも重要です。双方の良いところを取って、FXの相場を日々予想することが、取引の成功につながります。

 

主なオシレーター系指標とは

オシレーター系の中でも、もっとも有名と考えられるのはRSIです。0から100までの間が定められており、その中で80を超えたら相場が上がりすぎ、20を下回ったら相場が下がりすぎというように考えられます。

 

上がりすぎの場合は、その後下がるだろうと考えられ、売りのチャンス。下がりすぎの場合は、その後上がるだろうと考えられ、買いのチャンスと考えられるのがオシレーター系です。オシレーター系の場合は、一般的に一定の数値上がったら、自然の原理として下がるだろうという考えからチャートが成り立っています。

 

ただし、時にはこのチャートからはずれ、相場がどんどんと上がり続ける、または下がり続けてしまうといったケースも存在します。RSIだけを盲目的に信じてしまうと、こうした落とし穴にはまってしまう可能性もあります。

 

自分の目できちんとチャートを確認したり、トレンド系などの他の視点での指標も参考にしながら、相場を予想していくことが大切です。

 

その他にも、オシレーター系の指標には、「ストキャスティクス」「ボリンジャーバンド」「MACD」などという種類もあります。それぞれに良い点悪い点などの特徴がありますので、自分に合った指標を選び、参考にしていきましょう。

 

お役に立てばシェアしてくださいね。

重要テクニカル分析で利ざやを取るには、FX業者選びが最も重要です!

チャート分析に基づくデイトレやスイングトレードで利益を上げるなら、テクニカル指標の全ての機能が使えるツールを提供しているFX業者を選ぶ必要があります。

ただ、豊富な機能を搭載したツールはあるものの、各ツールによってチャートの使いやすさや見やすさに差がある為、いくつかの口座を試してみながら、あなたに合ったFX業者を見つけましょう。

次の記事では、「どの口座を選べばわからない!」という方のために、管理人の口座選びのポイントとおすすめ口座を紹介していますので、「いろんな口座を試すのが面倒だ!」という方は、参考にしてください。

>>人気FX口座16社の機能性や使いやすさを数値化して厳選したFX口座ランキング(2018年最新版)

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。