1. ホーム
  2. FX用語集
  3. ≫オシレーター系とは

オシレーター系とは

オシレーターとは「振り子」の意味で、FXで言うオシレーター系とは、振り子のように一定の振り幅で、為替が変動する指標のことを指します。通常はこの一定の幅で変動していくものの、振り幅から大きくそれてしまった時には注意が必要になります。

 

為替の相場をチャートを見て分析することを、「テクニカル分析」と言い、その指標となるものを「テクニカル指標」と言います。オシレーター系はテクニカル指標の1つ。一定期間の中で、相場が上がりすぎていないか、下がりすぎていないかということを判断することが出来ます。

 

\サラリーマン副業投資には自動売買がオススメ/
インヴァスト証券「トライオートFX」
※1,000通過対応&利用料無料

オシレーター系とトレンド系

テクニカル分析には主に「オシレーター系」と「トレンド系」とに分かれています。その他に、独自の分析方法を用いた方法も幾つかありますが、現在の主流はこの2つの分析です。

 

オシレーター系は、一定期間内の相場の上昇や下落を判断するもので、短期的な予想をする際に使用されています。対してトレンド系は、全体の流れを読むことを目的とした指標です。こちらは大きな視点からテクニカル分析をするため、中長期的な予想をする時にオススメです。

 

日々のFX取引においては、オシレーター系は非常に重要な役割を果たしてくれます。オシレーター系、トレンド系、どちらも重要です。双方の良いところを取って、FXの相場を日々予想することが、取引の成功につながります。

 

主なオシレーター系指標とは

オシレーター系の中でも、もっとも有名と考えられるのはRSIです。0から100までの間が定められており、その中で80を超えたら相場が上がりすぎ、20を下回ったら相場が下がりすぎというように考えられます。

 

上がりすぎの場合は、その後下がるだろうと考えられ、売りのチャンス。下がりすぎの場合は、その後上がるだろうと考えられ、買いのチャンスと考えられるのがオシレーター系です。オシレーター系の場合は、一般的に一定の数値上がったら、自然の原理として下がるだろうという考えからチャートが成り立っています。

 

ただし、時にはこのチャートからはずれ、相場がどんどんと上がり続ける、または下がり続けてしまうといったケースも存在します。RSIだけを盲目的に信じてしまうと、こうした落とし穴にはまってしまう可能性もあります。

 

自分の目できちんとチャートを確認したり、トレンド系などの他の視点での指標も参考にしながら、相場を予想していくことが大切です。

 

その他にも、オシレーター系の指標には、「ストキャスティクス」「ボリンジャーバンド」「MACD」などという種類もあります。それぞれに良い点悪い点などの特徴がありますので、自分に合った指標を選び、参考にしていきましょう。

 

インヴァスト証券「トライオートFX」

お役に立てばシェアしてくださいね。

初めてFX口座を作る方や今より使いやすい口座を探している方におすすめの口座は次の5つです。

【人気口座厳選】スマホでも使えるFX口座Best5
  1. DMM FX
    (使いやすさ・スワップ・スプレッドなど、私が求めているものが全てトップクラス)
  2. GMOクリック証券
    (DMM並みの口座ですが、使いやすさの点で2位。テクニカルツールは充実)
  3. YJFX!
    (スマホでの操作性に定評あり!)
  4. ヒロセ通商
    (通貨ペアが多く、機能も充実しており、中級者にも人気)
  5. 外為ジャパンFX
    (取引単位が少なく、リスクを抑えて取引したい人に人気)

 

【第1位】DMM FX

DMM.com証券「DMM FX」

1位は文句なしのDMMFXです。

「やっぱりか!」って声が聞こえてきそうですが、もうデメリットを指摘する箇所があまりないため、総合評価が1位となっています。

10年以上FX取引を行ってきた私の個人的な感想ですが、

  • スプレッドの狭さ
  • スワップ金利
  • ツールの充実度・使いやすさ
  • サポート
  • ニュースなどの情報量
  • スマートフォンでの操作性
  • LINEでのお問い合わせ機能

などがあり、総合評価が高い口座です。

DMMFXは「初心者向けの口座」と思われていて、初めての方が最初に作る口座と推奨されていますが、私のメイン口座はいまだにDMMFXです。

\約3分で申し込み完了/

DMM FXの口座開設はこちら

 

【第2位】GMOクリック証券

個人的にはローラさんより新垣結衣さんを推したいところですが、GMOクリック証券さんは僅差で2位にしました。

DMMさん同様、スプレッドが業界屈指の狭さ(コストが安い)で、さらにスワップ金利も高めに設定されていることから、デイトレ〜スイングトレード〜長期保有まで幅広いユーザーに使われています。

チャートツールや発注画面の操作性、スマートフォンの利便性も良く、投資情報も充実しているので、初心者からFX上級者まで幅広い投資家から人気のFXネオは総合評価が最も高い口座です。

かなり個人的な意見ですが、ツールの使いやすさの点でDMMさんの次のランクインとしました。

両方口座を作って、使い比べてみるのがいいですよ。

GMOクリック証券の口座開設はこちら

 

【第3位】YJFX!

YJFX

YJFX!の外貨exの特徴は、何と言ってもスマホアプリの使いやすさです。

FX初心者から上級者まで満足度が高いアプリ・ツールがあり、さすがYahooJAPAN!と言えます。

『YJFX!アカデミー』やレポート・セミナーも充実しており、初心者も安心して利用出来る口座と言えます。

YJFX!の公式サイトを見る

 

【第4位】ヒロセ通商

ヒロセ通商「LION FX」

取引コストである「スプレッド」が狭く、取引時の約定率が高いことで有名な人気口座ヒロセ通商のLION FXは、近年人気が出てきたサービスです。

また、トレードバトルなど様々なイベントが企画されていて、FXを「稼ぐ投資」だけではなく、「楽しむ投資」の意味合いが強い口座となっています。

注文機能や取引ツールの使いやすさも良く、デメリットが少ないサービスと言えるでしょう。

ヒロセ通商の公式サイトを見る

 

【第5位】外為ジャパンFX

外為ジャパンの評判は

DMM FXと同様、外為ジャパンはDMM.com証券のFXサービスです。DMM FXとの違いはいくつかありますが、最大の違いは「取引単位」です。

DMM FXが1万通貨に対し、外為ジャパンは1,000通貨。取引単位が少ないことは、初心者でも取引しやすいと言えます。

また、専用のアプリではなくネットサービスで取引できるため、場所を選ばずに取引できるのも魅力の1つです。

外為ジャパンの公式サイトを見る

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。